--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-24(Wed)

【デンソーエアリービーズ】 石田の金字塔は「1」まで迫っているというのに

みなさん、こんばんわ。


チャレマの女王デンソー


全日本女子へは、去年に続き今年も鍋谷友理枝選手を送り込んだデンソーエアリービーズですが・・・その反面、プレミアにおいてデンソーは、入替&残留を8度も繰り返してきています。達川実氏が監督をしていた頃はともかく、達川氏が定年に近づいた2012/13シーズンから、再びチャレンジマッチの常連と化しています。まず、下記の表を御覧ください。


年度大会順位チーム試合勝敗勝率降格/残留
1994/95第1回7位82110-110.476降格
2000/01第7回9位10184-140.222残留
2001/02第8回8位9164-120.250残留
2002/03第9回7位8217-140.333残留
2003/04第10回9位10186-120.333残留
2005/06第12回9位10275-220.185残留
2012/132012/13シーズン7位8287-210.250降格
2014/152014/15シーズン7位8216-150.286残留
2015/162015/16シーズン7位8218-130.380降格



特徴的なのは、最下位でないにも関わらずチャレンジリーグ陥落が3度もある事です。


昨季のチャレマにて、PFUブルーキャッツと対戦。一昨季のチャレマでも同カードとなりましたが、この時は3-1、3-1と難なく勝利、チャレンジ降格の危機こそ免れましたが・・・

今回・・・というか昨季チャレマは、初日を16-25、19-25、22-25でストレート負け。この時点でデンソーは、1セットだけでもPFUに奪取されるか、ストレートかつ19点差以上の差でPFUに勝利しないと、チャレンジ堕ちの危機に直面しました。

第1セットを25-16、第2セットを25-20で連取したデンソーでした。第3セットも中盤までリード。もっとも、チャレンジ落ちを回避するには、あと5点以上のポイント上積みが必要でした。

しかし終盤、エースの石田瑞穂選手が足を痛めてしまい退場。大黒柱を失ったデンソーは逆転を喫し、23-25でセットを失いました。この時点で、デンソーのチャレンジ陥落が決定しました。

ちなみに、この2試合でPFUにとって重要なポイントゲッターとなったのが、昨季から入団した江畑幸子選手。2試合で48点を稼いでいます。江畑選手は2012/13シーズンのチャレマにて、日立リヴァーレ在籍時に、特に第2試合にて32得点を荒稼ぎして日立プレミア昇格を果たし、デンソーを奈落の底に突き落とした立役者。余程デンソーは、江畑選手には相性が悪いと見えますね。

同時に、石田選手はプレミアレギュラー出場回数が229と、特別表彰まであと1試合となり、順当にプレミアに残留していたなら、今季1試合目で230試合出場達成となり、特別表彰の資格を得ていたハズだったのに・・・その、たった1試合のために、少なく見積もっても今季1年間は、チャレンジで晴耕雨読の時期を迎えざるを得なくなりました。チャレンジでの出場回数はプレミアの記録にカウントされませんからね。今になって考えると、一昨季のVプレミア出場停止は痛いですね・・・おそらく石田選手は、チャレマ以降、江畑選手の夢をしょっちゅう見ている破目と化しておるのでは・・・


それでも選手はデンソーを見放さない


それは一先ず置いておいて・・・そのデンソーが3月、ミア・イエルコフ選手の退団を発表しました。来季は、トルコリーグのチャナッカレに移籍が決まっています。2014年世界選手権にて、クロアチア代表として全日本女子と対戦してフルセットの末に勝利を収めた牽引者で、デンソーでも激しい闘志を前面に出したプレーで2014/15シーズンは得点王を獲得しましたが、流石に昨季は、既にピークは過ぎた感でした。すでに今年の12/5で34歳となるミアにとって、トルコが最後の働き先になるのでしょうか(注:1)。

ミア退団は仕方ないとしても、現在の得点源が石田選手しかいないデンソーにとって、新たな外人の獲得は急務。

もちろん、戦力の底上げも大事な要素。チームでフル出場が計算出来るのは、先述の鍋谷選手と、安定したブロックを誇る大竹里歩選手くらい。石井里沙選手も、MB不在というチーム現状から、今季も「レシーブできるミドル」として出場機会は多そうですが、昨季のブロック数は24(22位)と悪くないですが、アタック決定率は246/84(34.1%)と、ミドルを任せるにはチト寂しいかもですね。内定入団した、東海大卒リベロの小口樹葉選手は、サーブレシーブ率58.8%と、内定選手にしては頑張ったほうですけどね・・・ただ、東海大卒は他に、小田桃香選手という強力な新人賞候補がいるので、今季の初タイトルは余程の事が無い限り難しいでしょう。


救いは、チャレンジ陥落で退団した選手が皆無という点で、僅かに橋本涼加選手が、ビーチバレー挑戦を目的に退団した程度。デンソーは2012/13シーズン後にチャレンジ落ちした時も、退団したのは熊谷桜子選手のみ(注:2)。そう言えば、文京学院大女卒の田原愛里選手は小柄なところが熊谷選手と似てますね。彼女の躍進には期待しているんですけど・・・

そう言えばデンソーは、チャレンジ陥落というのに移籍志望が殆どいないという事は・・・愛社精神が高いんでしょうか?それとも待遇が良いんでしょうかね?
注:1 ちなみにミアは2015年10月に、「14年間低迷していたチームを救いNCAAトーナメント出場を成し遂げたこと、さらには法学部在学中の優秀な学業成績も高く評価された」という理由で、バークレー大学の殿堂入りを果たしている。なお表彰式は、ミアの父母が代理で出席している。
注:2 岡山シーガルズ移籍の為。しかし、移籍が9月末だった為、Vリーグ規定で1年間の出場停止を余儀なくされた。現在はパナソニックESブルーベルズに在籍している。ちなみに同年は、怪我で使えなかった外人のイヴァナ・ネーショヴィッチも退団している。 
スポンサーサイト
PV
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。