--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-10-03(Mon)

【全日本女子】 北海道出身の指導者が代表監督候補として名を連ねているのは良い事

みなさん、こんばんわ。


バレーボール女子日本代表の次期監督候補に、JT監督の吉原知子氏(46)が挙がっていることが29日、明らかになりました。関係者によれば、同じく元日本代表で久光製薬監督の中田久美氏(51)の名前も挙がっているそうです。

女性監督となれば、82年の生沼スミエ氏以来となります。五輪の指揮となれば女性初。木村憲治会長は「男性の監督では気づけない細かいところにも目が行きとどくという良さはある」と、女性指揮官を立てる可能性を認めています。


公表はされておりませんが、某掲示板によると、NEC監督の山田晃豊氏も、一応ながら候補の一角として名前が挙がっているらしいです。


山田氏は江別市出身、吉原氏は妹背牛出身と、二人とも北海道出身のOB/OGです。この二人が、全日本女子の監督候補として名前が挙がるというのは、北海道出身である拙ブログ管理人としましては嬉しい限りであります。加えて言えば、二人ともスキャンダルの類が見出せない点も強み。

もっとも、山田氏は年齢の若さから「時期尚早」と片付けられる可能性があり、吉原氏にしても、今年のプレミア昇格だけではポイントがチト足りない感があります。


となると、やはり全日本女子監督の最有力候補は、中田氏という事で落ち着くのでしょう。


新監督候補は現段階で5人程度に絞られているそうです。順調に進めば、10月上旬に行われる強化委員会で優先順位をつけた複数人の候補者が、監督推薦委員会を経て正式に理事会に推薦されます。次回の理事会は同月25日で、そこで承認されれば決定となります。


ただ・・・中田氏の場合は、まあごくほんの一部のアンチ久光の仕業でしょうけど・・・こういうヘンなコメントが目立つんです。


何回も主張していますが

 投稿者:katsun  投稿日:2016年10月 2日(日)20時29分17秒
 中田監督は、セッターをしっかり育てられたらされてもいいとは思うと何回も書いていますが、多分駄目だろうと思います。大体はサイドはわがままで、セッターもそうだと普通は上手くいかない。
あまり言いたくはなかったが、デルモもマットレスの広告塔も、やっている人間は「てめえら」なんて言う資格はないだろう。デルモするぐらいで目立ちたがり、マットレスは金に弱いとみている。「あんたは」何考えているとずっと思っていました。何もしていない時は何をしてもいいとは思うが、デルモやマットレスの宣伝しているのがちゃんと監督ができるとは到底思えない。
やるんだったら、セッターをよそからトレードするのではなく、自分でくどいて育てたなら見直すでしょう。
最初から、中田監督にはずっとクラブ選手権を第一で目指したらいいと書いている一人で、できれば寺廻・吉原監督でいって欲しいと思っています。


ほう、なるほどです。セッターはおろか、一人の子供さえロクに育てた事も無い精神病同然の腐れ外道野郎のクセに、よくもそんな凄い戯言が言えますね(苦笑)。大体、この輩は今年の久光優勝の時、影の功労者がセッターの中大路絢野選手だった事を知らないでデカイ口を叩いておるのだから驚きです・・・いや、この輩は久光の試合を見た事は絶対無いはずです。何も見ない、そして何も知らないクセに批判する事だけは一人前。昭和時代初期なら、この輩は虐殺されても絶対おかしくなかったです。

まあ、あんまり拙ブログで言うとクレームが来るかもしれませんから、あまり言いたくはないけど(苦笑)・・・寺廻さんは失礼ながら爆笑してしまった(笑)。大体、寺廻さんはPFU時代、今に至るまで(そしてこれからも)自前で選手を育ててない黒歴史があるじゃないの。何せ、自前で育てた選手はチビしかいないし。そんな人を呼んでも、ね・・・(苦笑)。


まあ、こういうキチガイは無視したほうが、身のためです。


一つだけ言えるのは・・・先に全日本女子監督になりたいとカミングアウトしたのは中田氏のはずです。吉原氏は、当時は在野の身であった為に(2012/13頃)、全日本どころの話ではなかったのでしたが、今年のJTプレミア昇格を機に、全日本女子監督の座に名乗りを上げた格好です。世の中、タイミングというものもありますので、もしかしたら吉原氏にもチャンスがあるかもしれない、と考えたのかもしれませんが・・・





記事を読まれたら、下のバナーにブログ応援クリックお願いしますm(_ _)m
お金は一切かかりません。

 
スポンサーサイト
2016-09-15(Thu)

【久光製薬スプリングス】 正セッターになれるか否かはタイミングの問題か中大路絢野

みなさん、こんばんわ。


昨季のファイナル6。

久光製薬スプリングスは日立リヴァーレ相手にストレート負けを喫して開幕序盤2連敗と、早くも窮地に立たされつつありました。

あとで分かった事でしたが・・・正セッターの古藤千鶴選手が怪我をしていたらしく、試合後に代わりのセッターとして任命されたのが、中大路絢野選手でした。

CA4QUN4M.jpg 

突然の大役に戸惑ったのは言うに安しで、翌日のトヨタ車体クインシーズ戦は、惜しくもながらストレート負け。いよいよ久光は、窮地に立たされたのは言うまでもありません。


もっとも、2/20までブランクがあり、その間に選手間ミーティングがあったのは予想に難くなく、2/20の岡山シーガルズ戦、2/26の東レアローズ戦をストレートで下し、アドバンテージを加えてポイントが10となり、久光は辛くもファイナル3に滑りこみました。あとについては、説明の必要は無いでしょう。


トスを見ると、早目の傾向があるので調べて見ると、超高速バレーで有名な京都橘卒業。その後、鹿屋体育大で4年目にMVPに選ばれています。時おり、スパイク最高到達点289cmの高さを生かしたスパイクも繰り出します。


勿論、この短期間の大活躍だけで中大路選手が正セッターになったと考えるのは早計でしょう。もっとも、相手の古藤選手も、今年の10/8にて36歳。セッターをやるのに年齢は別に関係ありませんが、レギュラー争いとなると微妙で、タイミング次第では早かれ遅かれ、中大路選手の正セッター昇格は一歩前進したもの、と見なしても宜しいかと思います。




 
2016-09-02(Fri)

【久光製薬スプリングス】 「プロ」というべきか「実業団選手」というべきなのか

みなさん、こんばんわ。


よく、2ちゃんねるとかニコニコのコメントなどで、安々と「プロ」と表現しているケースをみかけます。以前、拙ブログのコメントでも、某選手を「プロ」呼ばわりしていて、説明に困ってしまい、その件については無視して打ち捨ててしまった事があります。

竹下さんのように、プロとして契約している選手も、何人かおりますが、バレーボールの場合、プロ契約している選手は、ほんのごく一部で、大抵は「実業団の選手」として紹介すべきなのですが・・・「プロ」と「実業団」の区別は、子供なら未だしも、いい大人でさえも分かってない人が多いようなのです。


久光製薬スプリングスの本拠地が所在する佐賀県の佐賀新聞にて7/29、下記のような記事が紹介されておりました。

基山町総合体育館で国体に向けた強化合宿中のバレーボールVプレミアリーグ女子久光製薬スプリングスが27日、基山町と鳥栖市の小中学生を対象にバレーボール教室を開いた。約210人の子どもたちが参加し、憧れの選手たちに直接手ほどきを受け、目を輝かせながら練習に打ち込んだ。  

教室では、子どもたち5~6人に選手1人が付いて丁寧に指導した。オーバーハンドパスの練習では、栄絵里香選手と中大路絢野選手が代表して実演。「ボールの下に素早く入って」「手だけではなく膝や肘の曲げ伸ばしを意識して」とアドバイスを送っていた。スパイクの実演では重く鋭い音と共にボールが床をたたき、子どもたちからは歓声が上がっていた。  

基山ジュニアバレーボールクラブ主将の立石桜さん(11)=基山小6年=は「楽しく細かく教えてくれたし、レシーブ、アタックの一つ一つがすごくて、さすがプロだと思った。自分もいつかスプリングスの一員になってプレーしてみたい」と声を弾ませていた。(
佐賀新聞より)


下記の記事にて興味を払って欲しいのは、某小学生が「さすがプロ」と言っていた件です。栄選手も中大路選手も、これには「う~~~ん何て説明すれば分かるんだろう?」と困惑していたに違いありませんが・・・


プロフェッショナルである選手らはスポーツをすることで報酬を得ますが、報酬を決める基準となる評価対象は必ずしも競技成績のみになるとは限らず、その選手の人気(に伴う団体・組織の収益向上への貢献)を支えるファンの存在などの要因も報酬を決定する際に重要になります。

 
一方、スポーツで報酬を得ない、またはスポーツで得た報酬を二次的なものとする(「実業団」=アマチュア(学生スポーツ、社会人スポーツなど)とは対比されます。

実業団とは、企業や組合の従業員で構成されるスポーツチームです。学校のクラブ活動とともに昭和期の日本のアマチュアスポーツを牽引したチーム形態です。戦前の「大連実業団」のようにチーム名に実業団の語を用いられることもありましたが、戦後は、チームの概念としてのみ実業団という語が使われます。近年では母体の多くが特定の企業であることから「企業スポーツ」という表現で用いられる事例も多いです。


以前、バレーボールで実業団をプロ化しようという構想がありました。1994年に、Jリーグの爆発的な人気とバレー人気の低下から、バレーボールもまたプロ化を視野に入れた新リーグ構想が検討されました。同年に「21世紀に向けたバレー改革案」と題したプロ化構想が発表され、「プロ契約選手の承認」「外国人選手の復活」「プロチーム(株式会社化クラブ)チーム参加の承認」が掲げられました。12月にスタートする新シーズンから、それまでの「日本リーグ」を「Vリーグ」と改称し、世界選手権が開催される4年後の1998年には完全プロ化を目指すとの構想でした。しかし、開幕したまではいいものの、結局プロチームは誕生せず、興行権も依然として協会が持ち、プロ化に向けての大前提となるホーム&アウェー制は採用されず、更にはリーグのマーチャンダイジング関連会社と肖像権関連会社も作られる予定だったが、結局設立は見送られ、参加企業もプロ化には消極的で、結局は参加企業の賛同を得られないまま、1996年にプロ化の凍結を決定、事実上の断念を宣言しました。

その後、新リーグ構想こそ凍結したものの、ダイエーオレンジアタッカーズが「ダイエー系列会社の広告会社」という形で一応プロ化したり(後の久光製薬)、岡山シーガルズがクラブチームとして発足、また2003年にはVリーグを法人化したり一部ゲームにてホームゲーム方式を導入するなど、部分的には「プロ化構想」も取り入れておりますが、現地点においては基本的に「実業団に毛が生えたようなもの」といったところ。


先述した小学生の話に戻りますが・・・子供なのだから、プロと実業団の区別が付かないのは寧ろ当然かもしれませんが・・・これがもし大人であれば問題です。スポーツに興味がない大人からすれば、どうでもいい問題かもしれませんが・・・そう仰る輩は、スポーツという娯楽を実施するのに幾ら金が掛かっているかを分かっていないノンポリに過ぎない、という点を大の大人たちは認識すべきでしょう。




2016-08-26(Fri)

【久光製薬スプリングス】 ポーランド代表の入団でチームが憂慮すべきデメリットは減った

みなさん、こんばんわ。



久光製薬スプリングスは8/26、マヤ・トカルスカ選手、細井クリスティーナ通訳、礒田尚紘コーチの入団を発表しました。

礒田氏は加藤洋一氏の後釜ですね。細井さんは昨季、上尾でケリー・マーフィーの通訳をしていたので、覚えている方々も少なくないと思います。

細井さんの新たなパートナーともなるマヤ選手は、1991/2/22生まれの、ポーランド・グダニスク出身のミドルブロッカーです。

身長は193㎝、スパイク最高到達点は303㎝。これについては後述しますが・・・ブロック最高到達点は292㎝。2009年、ポーランド代表に初選出され、2012年から本格的に代表でプレーしています。

所属クラブは、2008年から2009年までポーランドのジェダニア・グダンスク、2009年から2010年までポーランドのPTPSピワ、2010年から2011年までポーランドのインペル・ワロクロウ、2011年から2012年までポーランドのアトム・トレフル・ソポット、2012年から2013年までポーランドのMKSダブロワ・ゴルニクザ、2013年から2014年までセリエAのエジル・ボリー、2014年からはポーランドに戻ってアトム・トレフル・ソポットにてプレーしました。


問題は、スパイク最高到達点なんですが・・・最高到達点については、317㎝とも325㎝とも言われ、ハッキリした数字は定かではありませんが・・久光の公式発表では325㎝となっています。まあ、少なく見積もっても水田祐未選手(300cm)より高いのは間違いないです。というか、325cmもあるんだったら、日本でもグリンカで有名だったポーランド代表は27位まで低迷しておらんでしょうけど・・・


それはともかく・・・久光攻撃陣で強いて穴を探すとすれば、MBですが・・・(というか攻撃機会が思い切り少ないだけの話だけど)マヤ加入で、その攻撃パターンは、史上最強、と言っても過言ではないくらいバリエーションが豊かになるだろう、という点は保障してもいいかも。

世界クラブ選手権でも、主力として世界に対峙出来得る選手としても、大いに期待出来そう。中田久美監督の世界戦略が、今度こそは少しだけかもしれませんが前進するかも。もっとも、合流して日は浅いであろうから、世界戦略が今年になるのか、来年になるのかは分かりませんけどね・・・


久光の外人は、ブランキツァ・ミハイロビッチでさえそうだったように、どうせ長岡望悠選手に万が一が生じた時の保険だから・・・という感の起用に過ぎませんでしたが・・・マヤ加入で、ミハイロビッチの二の舞はゼロに等しくなりそうです。ただ、中大路絢野選手はジャンプトス、相当練習せねばならないでしょうけど。。。長岡選手のスパイク最高到達点でさえ、低く打たないとアレですからね。

それはともかく、数日前に書いた予想オーダーは再度、再考せねばならなくなりましたので、更新のついでに書き換えておきます(苦笑)。


★ 今季の久光の予想オーダー改正版
長岡(野本)岩坂(水田)石井L: 座安・筒井
新鍋マヤ古藤(中大路)


改正・・・と言っても、「水田選手」の代わりに「マヤ」と書き換えただけですけどね。水田選手も、まだまだ老けたわけではありません。もうひとつ、何か意地を見せてください。

世界クラブ選手権投票スクリプトはこちらです。普通に久光を応援したいファン向けの投票スクリプトはこちらです。
2016-08-23(Tue)

【久光製薬スプリングス】 懸念事項は世界クラブ選手権後のプレミア第1LEGでの長岡と石井の疲労

みなさん、こんばんわ。


先の話で失礼ですが・・・国際オリンピック委員会は8/17に、ローマ、パリ、ブダペスト、ロサンゼルスの4都市が2024年夏季五輪誘致のためのビジョン、コンセプト、戦略を記した第1段階の申請書類を締め切りまでに提出したと発表しました。2段階の締め切りは10月7日で、大会運営や大会後の施設活用に関わる最終段階の締め切りは2017年2月3日に設定されています。
話はさて置き・・・2012/13シーズンに中田久美監督が就任以来、優勝→優勝→準優勝→優勝・・・と王道を歩み続けている久光製薬スプリングスは、黒鷲旗とサマーリーグこそ予選リーグ敗退という憂き目こそ見ましたが、それは長岡望悠選手と石井優希選手、座安琴希選手が全日本女子に召集されていた部分が非常に大きく、国内に残っていた新鍋理沙選手を中心に、底上げはキッチリと行っている模様です。


ただ、10/18~10/23まで行われる世界クラブ選手権に出場後の10/29にVプレミアリーグ開幕、という非常にタイトなスケジュールを抱えている点は、チト気掛かり。2013/14もほとんどの主力が全日本に召集されて調整不足となり、シーズン当初は5勝5敗だった、という時もありました。まあ、全員が召集されたわけではないですし、また中田監督の事ですから、それらの点について言い訳を言ったりはしないと思いますけど。

問題を強いて挙げるなら・・・外人がいない事くらいでしょうか。長岡選手と石井選手がタイトな日程をこなさざるを得ないだけに・・・世界クラブ選手権後の、プレミアにおける長岡選手の代わりはどうするんですかね?久光では、外人は長岡選手の控えとなるのは必至だけに、かつてのミハイロビッチのような大物が喜んで久光に入団するとは思い難いですが、世界クラブ選手権後の疲労を考えると、特に第1LEGは厳しくなりますね。3月いっぱいでモンテネグロ代表だったタチアナ・ボカンは既に退団しており、今のところ助っ人外人獲得の情報は流れていないだけに、中田監督が舵取りを間違えると起用に関する面で軋みが発生しかねないのは必至。

また、石井選手の代わりはどうするおつもりでしょうか?まあ、野本梨佳選手でいくしかないとしても、野本選手のサーブレシーブ力はせいぜい50%強だけに、余程繋ぎがこなれていないと苦しい戦いを強いられそうです。まあ、タフな石井選手の事ですから、滅多な事では休まないと思いますけど・・・


もっとも、オフシーズンに戦力を左右しかねない退団情報が無かったのは救いでした。退団はボカンの他には、南波美紅選手と加藤陽一コーチ(注:2)くらいのもので、青山学院大では打ち屋の今村優香選手(注:1)の他にも、筑波大卒の帯川きよら選手と東九州龍谷の加藤光選手も入団、戦力に大きな穴が空かなかったのは幸い、というものでした。

また、ファイナル6中に古藤千鶴選手が怪我を負ったものの、中大路絢野選手が抜擢に答えたのは大きいものでした。早さなら古藤選手以上の感があり、この点は中田監督もいい底上げが出来たと思います。


★昨季の久光の最強スターティングオーダー
長岡岩坂石井L: 座安・戸江 
新鍋水田古藤


★今季の久光の予想スターティングオーダー
長岡岩坂石井L: 座安・筒井
新鍋水田古藤


もっとも、今季序盤については、先述した記事を読みながら予想するのが、一番いいでしょう。

気をつけて頂きたいのは、昨季ル・カネに移籍修行しておった筒井さやか選手が戻ってくる事。2016/06/30までの移籍だったので、既に日本には帰ってきているものと思います。そうなると、ディグ用リベロだった戸江真奈選手はレシーバーとして登録されるのではないか、と思います。

また、オーダー表には古藤選手を書きましたが・・・この点は、蓋を明けてみない事には、何とも言えませんけどね・・・拙ブログ管理人的には是非、中大路選手の台頭を、長い目で見て考えても実現させて欲しいところですがね。

「2016年世界クラブ選手権で久光は何位になるでしょうか?」投票アンケート募集しております!投票アンケートはこちらからです!!! (世界クラブ選手権に関する参考資料はこちらから

普通に久光をプレミアで応援したい方はこちらから
 注:1 【今村優香】 青山大在籍中の2014年5月、使用していたニキビ薬に禁止薬物カンレノンが検出され、3ヶ月間の資格停止処分を喰らっている。
注:2 【加藤陽一】 その後、PFUブルーキャッツのコーチに就任している。
PV
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
14位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。