--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-18(Sun)

【米国】 高額を払ってでもバレーをやりたい選手の決意をどう思うか

みなさん、こんにちわ。


先日、とあるメディアで「TOKYO2020 女子メンンバーを大胆予想」という企画をやっていたそうです。あいにく拙ブログ管理人は観れなかったのですが・・・来年の事さえ分からないのが現状なのに、「東京五輪」なんて未だ大分先の話に触れるだなんて・・・まあ、他に強力なコンテンツが思いつかなかったのでしょうけど・・・これには流石に、呑みかけていたコーヒーを危うく零すところでした。

全日本女子のメンバーは、来年の3月過ぎに決定するはずですから、どうせ予想するなら、ファイナル6が行われる頃あたりに実施しても、全然遅くないのです。

選出されたメンバーも然り。アタッカーは未だともかく、他のポジションについては意思の疎通が一つでさえ取れていたのか?と思えてくるほど呆れたものでした。

CA91M7Q1.jpg  

岡山シーガルズの丸山亜季選手は、昨季新鍋理沙選手に匹敵するサーブレシーブ率を残していたというのに、リオ五輪では出番全く無しでしたからね・・・この辺りからも、眞鍋JAPANのデータバレーが如何に破綻していたかを物語るには充分です。それとも、眞鍋JAPANは怪我人ばかりをコートに連れて、お涙頂戴のバレーでも展開しようとしていたおつもりだったのでしょうか?


その一方・・・バレーをやりたいだけの為に、高額を払ってまで生きる事に固執している選手もいます。

カリフォルニア大の女子バレーボール・チームに所属するサバナー・レニー(19)は今年の5月17日に肝移植の手術を受けた。メスを入れる部分がそのロゴマークに似ているために「メルセデス・ベンツ切開」とも言われる手術。病名は「門脈圧こう進症を伴う先天性肝線維症」で、肝硬変に症状が悪化していくリスクを背負っていた。米国では日本のような生体肝移植ではなく脳死臓器移植が基本。レニーのドナーは20歳代の女性だったと言う。そして彼女は新たな“生命”を授かった。

それから3カ月。レニーは今、真のバレーボール選手に戻るために地道なウエートトレーニングを続けている。移植を受けた以上、免疫抑制剤の投与が続くために、本来ならば体力を酷使してしまうハードなスポーツは避けたほうがいいはずだが、彼女は「ひとつのトレーニング・メニューごとにイライラするほど“ゆっくりやるのよ”と自分に言い聞かせている」と、ずっと歩んできた道に戻ろうとしている。

米プロゴルフ界では心臓の移植手術を2度受けたエリック・コンプトン(36)がまだ現役で頑張っている。かつてNBAのトップ選手だったアロンゾ・モーニング氏(46=元ヒート)とショーン・エリオット氏(48=元スパーズ)はともに腎臓の移植手術を受けてコートに復帰した経歴を持っている。医療費は高額だが、その一方で移植手術を受けやすい環境が彼らのスポーツ人生をアシストしているのは事実だ。
 
移植大国・米国での「スポーツ選手と移植手術に関するニュース」は数年に一度のペースで入ってくる。日本との違いを痛感する瞬間でもある。ただし私は復帰した選手に対して「頑張れよ」という気持ちは抱かないことにしている。

もちろんその努力には拍手を送る。ただしドナーが存在する以上、もたらされた臓器に最大限の敬意を払わなくてはいけないと思うからだ。免疫抑制剤の進歩によって移植手術を受けた患者の生存率は年々伸びていると言う。しかしこの状況下において、スポーツは本人の心を支えても肉体には助けにはならない。
 
レニーの医療環境は恵まれていた。生きているだけで素晴らしいと思う。苦境に立ち向かってわずか3カ月で復帰しようとしている精神力も尊敬に値する。だからこそ「ゆっくりやろう」は彼女にとってお守り代わりの大事なフレーズだ。
スポニチより)


日本では選手が故障した場合、大半が肘か膝の故障が大半である事を考えると、ちょっと考えにくいケースですが・・・こういう場合、生きるほうも保護者も、経済的な面を併せて考えると大変ではなかろうか、と思います。サバナー・レニー・・・東京五輪で御目に掛かれるかどうかは分かりませんが、もし会場で御会いした場合、拍手はしてさしあげましょう。




記事を読まれたら、下のバナーにブログ応援クリックお願いしますm(_ _)m
お金は一切かかりません。

 
スポンサーサイト
2016-08-24(Wed)

【全日本女子】 御家芸のレシーブ復活は何としても重要

みなさん、こんばんわ。


海外では、相手チームからのボールを受ける動作は、サーブを受ける「レセプション」(サーブ・レシーブ)とそれ以外の「ディグ」という2つの用語に厳密に分けられ、あくまで別のものという概念で捉えられています。したがって日本で言う「レシーブ」のような、ボールを受ける全ての動作を含んだ総称は存在しません。本来、「レシーブ」という用語は「サービス」と対を成しており、元々は相手のサーブを受けるプレーにしか使えなかった用語が、現在の日本では守備に関わるプレー全てを表現する用語として定着してしまっているのです。そのため、レセプション以外のレシーブ、すなわちディグが疎かにされているのが現状です。レシーブという用語にはあくまで「レセプション」と「ディグ」の両者が含まれている事を理解する必要があります。(バレーペディアより)


細かい事は、さて置いて・・・バレーボールの醍醐味はアタックやブロックばかりでなく、レシーブでの繋ぎこそバレーの面白さ、という人も少なくありません。強いチームは攻撃も然る事ながら、レシーブなどの守備がしっかりしている、というのは常識です。ボールを落とさずに繋ぐ。これこそバレーをバレーらしくしている最も重要な要素なので、試合で敵味方を問わず素晴らしいレシーブには拍手をする観客が多いのです。

さて、今回のリオデジャネイロオリンピックにて、レシーブを伝統の御家芸とする全日本女子が、大拍手を惜しまずにいられない程のインパクトを、果たしていくつ与えてくれたでしょうか?人それぞれなので、物足りないか否か、具体的な印象はファンそれぞれに任せますが・・・少なくとも、準々決勝にて敗退という点から、結果的に全日本女子の面子が優勝戦までコートを守りきる事は出来ませんでした。

眞鍋政義監督は「女子バレーの大型化」を理由の一つに挙げています。特に今年は、190㎝台の選手が40人以上存在する、と言われます。しかし、代表チームの大型化は、洋の東西を問わず何時の時代でも同じ事。

全日本女子は、優勝争いに足りるだけの準備を、抜け目無く行ってきたのでしょうか?攻撃面と高さでは幾等どう足掻いても世界に遠く及ばない全日本女子にとって、まず大切な要素となるのは、レシーブではないですか?それらの準備が、果たして正当化に足りるものであったのか否か、下記の表にて、2015/16プレミアレギュラーシーズンにおける、総合サーブレシーブ返球率のベスト10で振り返ってみます。
順位選手所属試合セットサーブレシーブ
1新鍋理沙久光製薬2181297/21873.4
2木村沙織東レ2180359/24468.0
3丸山亜季岡山2184221/15067.9
4石井優希久光製薬2180899/57463.8
5佐藤澪トヨタ車体2182236/14963.1
6竹田沙希トヨタ車体1863334/20962.6
7山岸あかね上尾2184269/16862.5
8内瀬戸真実日立2181468/29262.4
9鳥越未玖NEC2182375/23362.1
10泉夏子岡山2172189/11761.9

ちなみに、リベロに限定すると、こんな順位が出てきます。
順位選手所属試合セットサーブレシーブ
1(3)丸山亜季岡山2181297/21867.9
2(5)佐藤澪トヨタ車体2182236/14963.1
3(7)山岸あかね上尾2184269/16862.5
4(9)鳥越未玖NEC2182375/23362.1
5(14)小口樹葉デンソー1965262/15458.8
6(15)佐藤あり紗日立2181265/15558.5
7(16)木村美里東レ2180444/25056.3
あと、規定出場には満たないですが、座安琴希選手が145/94(64.8)の数字を収めている事も忘れずに。

ちなみに、カッコ書きの順位は、総合サーブレシーブランキングにおける順位です。

この表を見て思わされるのは・・・勿論、眞鍋監督は、これらデータは一応、参考にしておられたと思いますが・・・リベロより、ウイングスパイカーのサーブレシーブのほうが優れているのではあるまいか?と思えてくる点です。これらのデータは結局、採用される事はありませんでした。現に、上記の表にてダントツの一番である数字を叩き出した新鍋選手は何故か召集していません。レシーブ力を大きく買っていた新鍋選手をですよ?これは一体、どういうわけなのだろう?ネットでは、眞鍋監督と何か確執があったのではないか?とか噂されていますが・・・まあ、それは今年11月の監督人事で明らかとなるのではないでしょうか。

更に、上記の順位のデータが木村選手に肉迫している丸山選手は結局オリンピックには召集せず、上記表のデータが芳しくない、あり紗選手を正リベロとして何故正リベロとして使うのかも、非常に不思議です。

これがグラチャンなら、それも方法論の一つとして片付けられるかもしれませんけど・・・あり紗選手は過去2度、全日本女子に召集されており、また日立リヴァーレ準優勝に貢献した点も買われたのでしょうけど・・・まさか、東北震災復興の一環としてのメンタリティで選んだ訳ではないでしょうね?もし、そうだとしたら、東北の方には大変申し訳ありませんが、特に国の威厳も掛かっているオリンピックにて、メンタリティは何の役にも立たない、という事を言明しておきます。


念の為に言うと・・・拙ブログ管理人は決して、あり紗選手が嫌いだ、と言うつもりは絶対ありません。寧ろ、顔立ちは好きなほうかなあ。あり紗選手は膝の靭帯の状態が決して思わしくなく、現に昨年、一度は引退を考えていた身でした(注:1)。日立では何とか故障もカバー出来たかもしれませんが、全日本ではチト無理があったようですね。

問題は、何故あり紗選手を正守護神として担ぎ出さざるを得なかったのか?という点です。あり紗選手の膝の状態を鑑みると、あり紗選手だけでは不安があるから、両膝に爆弾を抱える、かつての守護神候補だった座安選手をレシーバーという保険として用意したのは・・・まあ、分からないでもありませんが・・・リオ五輪ではそうやって応急処置を施すしか無かったとしても・・・確かに、五輪の場合バレーは、代表選手は12人しか選ばれませんから。

しかし、今後の正守護神は・・・その眞鍋監督も当初は、「結束出来る覚悟がある、日の丸をつける覚悟と自立した選手を選考します」の筈でした。結果は、面子&故障を抱えた選手のメンタリティに配慮した矛盾だらけの選考でしたが・・・この点は当然、改革していく必然性がございます。少なくとも、怪我で苦しいと言い訳がましい公言をする選手は不要です。そんな選手を起用したところで、敵の代表チームに塩を送りつけるも同然で、メリットは一つもありません。


世界最終予選で丸山選手が起用された時は、ニコニコの生放送でも丸山選手を推薦するコメントを書いた御客さんが少なからぬ数おりましたが・・・来年も丸山選手は代表候補の一角となるでしょう。澪選手も、パスは出来るので経験次第では面白い存在に成り得ます。まあ、これからの全日本女子の監督が誰を選ぶかにも寄りけりですけど。どんな監督にも、選手の好みというのがありますから(決して性的好みとは言ってない)。それよりは、監督問題を早く片付けるのが先決ですけど。


ひとつだけ言える事は・・・今季は、試合における使用球が、ミカサからモルテンに変更されます。モルテンはミカサと比較すると、選手にも寄りけりですが変化しにくいというのがあるので、Vリーグに参加する選手は、より以上にサーブレシーブの対策は、しっかり立てておかないと、全日本はおろか、所属チームの成績にも直結しかねません。少なくとも、新鍋選手のレベルに肉迫出来るくらいの選手が何人か出なければ、以後の全日本女子はFIVBランキング10位以下も有り得るぞ・・・(注:2)
注:1 【佐藤あり紗が引退を撤回した理由】 日立の松田明彦監督に、引退について相談したところ、受理どころか、キャプテンの座を用意されたらしい。
注:2 Vリーグで一つ、対策はある。NECレッドロケッツ以外のチームが古賀紗理那選手をサーブで徹底マークすればいいのだ。そうすれば、古賀選手のレシーブ力も大なり小なりアップするのは間違いない。
2016-08-22(Mon)

【岡山シーガルズ】 プレミアチーム初の市民クラブチームも今季は危ない

みなさん、こんにちわ。


「初の市民クラブチーム」とも、「プレシーズンの女王」とも言われる岡山シーガルズは、2013/14こそ過去最高位となる準優勝を飾ったものの、以後の直近2年は4位→6位と停滞しています。

何時もの事、といってしまえば、それまでですが・・・殆どと言っていいほどエリート不在で、外人も不在、無名選手を宝石にする能力ならピカイチの河本昭義監督ですが・・・選手所属数だけならリーグ一のチームと言えども、今季は苦戦を強いられそうです。


全日本女子では、宮下遥選手・山口舞選手・丸山亜季選手を送り出すという明るい話題こそあったものの・・・チームの成績を鼓舞するに値する明るい材料は、あまりありません。僅かに、元・大野石油オイラーズのMB大楠鼓雪選手が移籍入団してきたくらい。


それどころか・・・6月に、今野加奈子、浅津ゆうこ、香野晶子の3選手が退団することを発表しました。3選手とも2014年、パイオニアレッドウィングスの廃部に伴い入団、岡山では共に2年間プレーしました。特に浅津選手は、希少なレフティの強みを生かして、多くの出場機会を得ました。

ちなみに、岡山は過去にも、福田舞、栗原恵、熊谷桜子・・・などと移籍選手を迎えた実績こそありますが、福田さんを除けば2年で退団となっています。余程、河本監督は外様の育成は然程、得意では無さそうかもですね。この分で行くと、トライアウトで獲得した泉夏子選手も危ないかもしれないぞ・・・(注:1)?


それはともかく、今季の岡山のベストオーダーを考えてみました。



★ 昨季の岡山のベストオーダー

浅津川島佐々木L: 丸山・樽崎
川畑山口宮下


★ 今季の岡山の予想オーダー

川島佐々木L: 丸山・樽崎
川畑山口宮下


リベロは2名書きましたが・・・ 一人目は丸山選手で決まりとして、もう一人は猫の目のように変わりそうです。

また・・・MBの山口選手も、言っちゃ悪いですが「御歳が御歳」なのでフルは難しそうで・・・先程も書きましたが移籍入団の大楠選手や、生え抜きの高野由里加選手など、機を見て猫の目起用になる可能性があります。

ある程度以上、フルを計算して良さそうなのは、丸山選手・宮下選手、川島亜依美選手・川畑愛希選手くらいです。昨季でさえ苦しいくらいでしたが、パイオニア三戦士退団後は更に「猫の目」となりそうなのは目に見えております。運が良くない限り今季は、2011/12シーズン以来の最下位も有り得るかもしれません。


拙ブログ管理人の趣味で言うなら、一番関心がある選手は、居村杏奈選手ですが・・・はい、完全に個人的な好みですけど。。。(笑)



注:1 【泉夏子】 2006年にNECレッドロケッツに入団したが3年で退団。2014年12月にトライアウトを受け合格した。控えだが、55の背番号に加え(?)トスもこなす器用さも持ち併せている。


PV
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。