--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-31(Wed)

【Vリーグ等】 サーブにまつわるエトセトラ

みなさん、こんばんわ。


サーブといえば・・・拙ブログ管理人が真っ先に思い出すのは、ロンドンオリンピック、中国との準々決勝戦です。第5セット、25-25と一進一退の展開だった時に、ピンチサーバーとして登場した中道瞳さんが2本のサーブで準決勝進出を果たした事ですね。時々ビデオで観ますが、今になって観てもしびれる、中道さん一世一代の名シーンです。

バレーの世界でも、サーブに纏わる興味深い出来事は、時々ございます。今回は、それらの中から、拙ブログ管理人が観た(あるいは見聞した)サーブに纏わるエトセトラを紹介いたします。


伝説の25-0

流石にVリーグや皇后杯の類で、25本連続でサーブ得点、というのを見聞きした経験はありませんが・・・2005年の黒鷲旗にて「25-0」というスコアが残っています。

2005/5/1、予選ラウンド2日目の久光製薬スプリングスvs東北福祉大の第2セットにて、最初のサーバーである先野久美子のサーブで攻めた久光製薬が東北福祉大のミスを誘い、あれよあれよという間に点差が開き、ついに結局その先野さんと交代してコートに入るはずのリベロ吉田あいが一度もコートに立たぬまま、25点先取でセットを奪ってしまいました。安定感の高いフローターサーブを武器とする先野さんは、「初体験です」と、自分でもビックリしていたとか。(Special Thanks: 月刊バレーボール2015/3月号)



あんなにサーブで頑張ったのに

2011年に共栄学園からパイオニアレッドウィングスに入団した森谷史佳選手は、新人ながらレギュラーとして抜擢され、2011/12シーズンの最優秀新人賞を獲得し、弱体化が著しかったパイオニアにとって明るい材料になりました。更に2012/13プレミアリーグにて、28試合116セットに出場し、サーブ得点24で1位となりました。サーブ効果率も15.2の数字を挙げました。効果率は荒木絵里香選手の15.5に肉迫する2位で、3位の泉岡未来の13.3を大きく引き離す数字。

その努力が評価されたか、2013年には全日本女子に召集されました。森谷選手にとっては薔薇色のバレー人生・・・となるハズでしたが、結局怪我で辞退を余儀なくされました。現在は久光製薬に所属ですが、怪我もあって若い頃の勢いを取り戻すまでには至っていません。森谷選手も、怪我という不運に泣かされた選手の一人でした。



ミハイロが久光で干された理由(?)

かつて2014/15、久光製薬でもプレーしたブランキツア・ミハイロビッチが、2015年W杯にセルビア代表として来日、日本戦でも主力としてプレーしました。しかし、その途中、ミハイロビッチのサーブがヒットしそこねてしまい、力ない内野ゴロのようにネットさえ越えずにコロコロとコートを転がってしまうという、中々お目に掛かれない大ミスがありました。ちなみに試合は、それでもセルビアが勝っていますが・・・ミハイロがVプレミアにて久光での出場機会が今一歩で終わったのは、もしかしたら中田久美監督がコレを予想しておったからでしょうか?


苦肉の策キラサーブ

デンソーエアリービーズの所属メンバーだった、MBの「キラ」こと井上香織さんが2015年のチャレンジマッチにて、過去に2度メスを入れた肩が余程痛いと見えて、サーブの際はアンダーサーブでその場を凌いでいました。猫田さんの天井サーブを意識しておったかどうかは知りませんが・・・ちなみに井上さんは、当シーズン終了後に引退しました。


久美長を震撼させた内瀬戸の「昭和のサーブ

2014/15シーズン当初、日立リヴァーレの内瀬戸真実選手は、肘か肩を痛めていたのか、通常のジャンピングフローターサーブが打てず、苦の策として、ドライブサーブで場を凌いでいました。

2013/14プレミアリーグ戦の12/6、開幕五連勝と波に乗る久光製薬を相手に日立は3-2と、フルセット勝ちを収めました。この試合でも、内瀬戸選手はドライブサーブを使用し続けました。想定外の敗戦に、中田監督は試合後の会見にて、「試合内容は、相手のドライブサーブに崩されてしまい、良い状態で攻撃をすることができませんでした」と完全脱帽。

その後、GAORAの実況が内瀬戸選手のドライブサーブを「昭和のサーブ」と表現。これがニコニコ生放送でもディレイ放送され、ムッチリした体格も手伝ってか、内瀬戸選手は一躍ニコニコ住民の人気者に。



竹下:「本人が一番ビックリしてるんじゃないですか?

岡山シーガルズの「人間国宝」とも「重要無形文化財」とも言われる(?)山口舞選手のサーブは、ふんわりと曲線を描いて相手コートに入っていきますが、効果率は非常に低いもので、ニコニコ生放送のコメントでは「ふんわりサーブ」「やさしいサーブ」、あるいは山口選手のニックネームをもじって「ユメサーブ」とも言われます。

その山口選手が2015年、W杯に出場。途中出場した試合で想定外のサービスエースを決めてしまいました。その時、解説席にいた竹下佳江さんが、苦笑しながら「本人が一番ビックリしてるんじゃないですか?」と、褒めてるのか貶しているのか判断に苦しむコメントを発して、お茶の間のバレーファンの爆笑を買ったとか・・・「世界の竹下」さんのジャンピングフローターサーブを陵駕する、解説のシナリオ破りの「ユメサーブ」だっただけに、そのインパクトは別の意味で強烈だったようです。


スポンサーサイト
2016-08-28(Sun)

【全日本女子】 全日本崩壊の震源はキャプテンもどきの木村を擁護した眞鍋監督だった

みなさん、こんばんわ。


全日本女子に関する、きな臭い記事がUPされた週間文春9/1号を読みました。タイトルは、こういうものでございました。


木村沙織に反発 女子バレー
代表入りを拒否した美人選手

去年から、ネットにて色々な憶測が流れておりましたが・・・「美人選手」と呼ばわりしている選手は、新鍋理沙選手の事です。新鍋選手が美人に値するか否かは各自それぞれにお任せしますが・・・まあ、拙ブログ管理人の贔屓選手である新鍋選手を美人呼ばわりされると、少なくとも悪い気はしませんね。もっとも今回は、サビーナの噂とは本質的かつ根本的に次元が違うのですから、可愛いだの浮かれている場合ではありません。

基本的に拙管理人は、週刊誌などゴシップの類は信用しないのですが・・・ネットの一部では、今回の新鍋選手に関する記事をゴシップ扱いしている人もいるらしいですが・・・ゴシップとは、関係者でない第三者の噂を総じて表現するものです。今回の記事の場合は、全日本関係者新鍋選手の母という内部関係者の実話が登場しておるのですから、もうガセネタとかゴシップで済ませられる話では御座いません。


立派な内部告発です。



日本がメダルラッシュで沸く中、「サーブレシーブが崩壊していましたね。前回はエースの木村沙織が苦しい場面を決めきって銅メダルに躍進しましたが、今回は守備に追われていました。彼女がいれば、木村も攻撃に注力できたのですが」と、スポーツ紙記者は語りました。ちなみに「彼女」とは新鍋選手の事です。新鍋選手の実績についてはこちらの記事でも書いた通りです。


しかし、2015年の代表召集で「ケガにより辞退」と発表されて以来、全日本メンバーから外れたままです。おそらくのところ、「辞退の翌月には、世界クラブ選手権に出場。ケガは代表入りを断るための口実でしょう」と、前スポーツ紙記者は語っています。ケガ説はガセネタだった事が明らかとなりました。

むしろ、辞退の真相を、全日本関係者が明かしたところによると・・・「眞鍋政義監督、キャプテンの木村との不和が生じたのです。2014年のワールドグランプリで、新鍋は『眞鍋さんは、沙織さんを特別扱いしている』と反発。それがチーム内に知れ渡り、世界選手権では途中からレギュラーを外されました。眞鍋監督からは『お前はサーブレシーブだけしていればいい』と言われ、ショックを受けたとか。以来、全日本には行かなくなりました。その理由を『眞鍋さんと沙織さんが嫌だ』とハッキリ言ったそうです」。

もっとも、和解を模索する動きもあったそうで、「木村が『やぱり理沙が必要』と進言し、眞鍋監督も交渉したが、結局、溝は埋まらなかった」との事だったようです。

辞退の真意を聞こうと新鍋選手に取材を申し込んだら、「話す事はありません」。郷里・霧島の母に聞いてみると、「リオが最後のオリンピックになるかもしれないから、頑張ってごらんと声を掛けたのですが、『いっぱい考えたし、もういい』と。こうと思ったら曲げない子ですから。MB1、ハイブリッド6といった新戦術を試す中で、自分の存在意義を感じられなくなって悩んでいたようです。ウィングスパイカーとして登録されている以上は、攻撃にも絡みたいという気持があったのだとおもいますね」。


勿論、新鍋選手にも全く罪は無い、とは言い切れないでしょう。こちらの記事でも書きましたが、新鍋選手は自身も認める「キレやすいタイプ」で、全日本女子でも、木村選手にキャプテンというバラエティ番組の企画以外では絶対有り得ないアイデアを眞鍋監督が推し付けたのが自身のキャプテン観と相反したのではないか?と推測します。

木村選手は、普段は仏のような優しいキャラで(時々ボケをかます場合もあるけど)、選手やスタッフからは好かれやすいですが・・・一選手ならともかく、キャプテン任命ともなると話は別。例え自身の発言で反感を買う事があってもキャプテンシーでチームを纏め上げていくのが、キャプテンとしての役割。そうでなくても、選手としてのピークは既に過ぎているはずの上に(当時こそ公にはなっていないが木村選手の体は既に悲鳴をあげていた状態)、現役引退を考えていた木村選手に、キャプテンの座を餌にメールでの三顧の礼で無理矢理に現役続行を押し付けて、公の場で寵愛しておる事自体が不自然極まりなくて許せなかったのではないでしょうか。今になって考えれば、木村選手を非難するのは簡単ですが・・・無理にキャプテンの座に担ぎ上げられた木村選手は御気の毒、というべきでしょう。

また、木村選手をキャプテンに任命したのは眞鍋監督です。眞鍋監督からすれば、一連の新鍋選手の発言は采配批判であり、眞鍋監督からすれば「なぜ周りをコソコソ焚き付けて、直接オレに言ってくれなかったんだ?」というのが、きっとあったはずです。拙ブログ管理人も、正直言って木村選手がキャプテンとして適任であるとは左程さえも思えませんが・・・特に大人の世界では、人事に関する不満がある場合は、まずは直接任命した責任を有する人に問い合わせるのが常識。この場合、直接任命した責任を有する人とは眞鍋監督を指します。下手に周りを焚き付ければ周りから干されるのは一般社会とて同じですが・・・もっとも、誰にでも間違いや誤解はあります。新鍋選手がどうしても戦力として必要と思っているのなら、眞鍋監督が新鍋選手を直接呼び出して、キャプテン任命に関する事情や根拠などを説明する義務が、あったはずです。新鍋選手を干すのは、眞鍋監督から説明したにも関わらず「監督は沙織さんをエコヒイキしている」と焚き付けたのが分かった時点からでも、決して遅くはなかったのです。

こう言うと、一見して眞鍋監督の決断は正しかったようにも思えますが・・・大事な事を忘れておりませんか?全日本女子のメンバーは、正月から大晦日まで、それも朝から晩まで毎日毎夜、常に一緒にいるわけではないのです。いくら、LINEやツイッターなどSNSが横行している今日と言えども、全日本女子のメンバーが一緒にいられるのは、特定の時期に限定されているのです。その状況下において、特に実力がトップの選手同士の集まりである全日本女子にとって必要なのは、慣れ合いではなく、日本への愛国心、チームの勝利を如何に優先させるかです。新鍋選手の言動は結果的に子供の我儘ですが、それを窘められなかった眞鍋監督がいかに指導者として未成熟な面を多々残していたかという事も、多々意味するものです。現に元全日本選手は、「全日本の成績は、バレー界の不沈を左右する。好き嫌いを言っている場合ではなく、ベストメンバーで挑むのが当然。東京五輪で同じ過ちを繰り返すことは許されません」とコメントしています。


W杯にて、新鍋選手の代わりという感で出場したのは内瀬戸真実選手でした。内瀬戸選手が全日本女子に相応しくない、と言うつもりまではありませんが、新鍋選手と内瀬戸選手とでは、あまりにも格が違い過ぎました。結局、内瀬戸選手は眞鍋監督のお眼鏡には適わず、世界最終予選ではサブメンバーに廻され、リオ五輪に出場する事はありませんでした。結局リオ五輪は、新鍋選手の大き過ぎる穴を埋められないまま、また眞鍋監督の求心力不足を払拭出来ぬまま終焉を迎えてしまった、という感が強いものでした。


もしかしたら、記事のリリースタイミングが、丁度眞鍋監督の進退に関わってくるデリケートな時期だっただけに、眞鍋監督を良く思っていない誰かがわざとリークしたのかもしれませんが・・・そうでなくても、先進国の日本で8年も監督をやっていただけでも長期政権だったのですから。増して、精神面での未熟さが明るみとなった以上、これ以上監督を続けても正に「晩節を汚す」だけ、というもので・・・事が明るみとなった以上、眞鍋監督に続投というのは、他の先進国なら有り得ない話で、当然辞任で構わないでしょう。

週間文春でも、後任は中田久美監督を有力視しています。もし久美さんが全日本女子の監督になったら、久美さんの事だから、久光中心のチーム作りになるのでは?と見られますが・・・また、果たして新鍋選手の今後の全日本女子召集は有り得るのか・・・という問題も出てきそうです。これらについては、その時期が到来したら改めて更新しますが・・・拙ブログ管理人の個人的見解を言うなら、人には人それぞれの役割がある事を再度理解した上で、新鍋選手が復帰する事こそが一番嬉しい話ですが・・・



PV
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
38位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。