--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-13(Tue)

【NECレッドロケッツ】 気の強さが売りの女の子も何時の間にか立派な大人になった鳥越未玖

みなさん、こんばんわ。


アジアクラブ選手権大会が無事終了し、NECレッドロケッツが見事に優勝を成し遂げ、来年の世界クラブ選手権出場権を獲得しました。というか、赤ロケも来年からは厳しいシーズンを迎える破目となったわけです。大丈夫なんでしょうかね・・・

なお、最優秀選手として古賀紗理那選手が選ばれました。リオでの屈辱をフィリピンで晴らした、というわけですね。

と同時に、今回の優勝によって赤ロケは、新外国人を獲得していいものか否かが問われてくるわけです。まあ、優勝したのだから要らないだろう、という声も挙がってくるでしょうけど・・・ただ、長いシーズンの中では何が起こるか分かりませんから、結果的に取っておいても宜しいだろう、という声も挙がってくるわけです。この点については、何とも言いようがありません。


まあ、それはそれとして・・・今回も、拙ブログ管理人の推しメンを紹介しちゃいます。



 CA2FJRHK.jpg  今回は、赤ロケの鳥越未玖選手です。 


1992/10/16生まれの、鹿児島県肝属郡肝付町出身です。小学2年次よりバレーボールを始め、鹿児島女子高在学中は低身長ながらレフトスパイカーとして、2010年インターハイで準優勝、2011年春高バレーでベスト4などに大きく貢献しました。

2011年1月に赤ロケの内定選手に。2011/12シーズンは、主にリリーフサーバー・守備固めとしての出場に留まったものの、2012/13シーズン途中からレギュラーリベロとして出場し(注:1)、チームは昨シーズンの最下位からレギュラーラウンド1位躍進に貢献しました(最終的に4位だったが)。


少しムッチリしているからか、サーブレシーブの受け数は300以上と多く(通常、リベロのサーブレシーブは平均すると200後半)、シーズンによってはレシーバーに廻される場合もありますが、強気な姿勢を武器に、チームにとっては欠かせないワンピースの一角となっています。


赤ロケには、岩崎紗也加選手という、これまた強力な(職人風)リベロがおり、競争は大変だと思いますが・・・今季も、その闘争心でチームを引っ張って貰いたいものです。
注:1 当初、赤ロケのリベロは滝口奈美を起用していたが、サーブレシーブ成績がイマイチだったので鳥越選手を起用したら大当たりとなった。
スポンサーサイト
2016-09-11(Sun)

【NECレッドロケッツ】 島村こそ欠いたもののアジア選手権は見事優勝

みなさん、こんにちわ。


先ほど知った情報なので、拙ブログ管理人は驚いておるのですが・・・9/3~9/11までフィリピン・ビニャンにて開催される「2016アジアクラブ選手権大会」に、NECレッドロケッツの出場が決まりました。

おそらく、本来は久光製薬スプリングスを出場候補としておったんでしょうけど、久光製薬は御存知の通り世界クラブ選手権への調整に余念が無く出場は辞退だったので、昨季ファイナル優勝だったNECに白羽の矢が立った、といったところではないか、と邪推しますが・・・話が急でした。もし1週間前に分かってたなら、すぐにアンケートスクリプト作るのにな・・・


それはそれとして、出場する赤ロケの選手14名は、下記の通りです。


背番号選手ポジション
2古賀紗理那WS
4山口かなめS
5大野果奈MB
6近江あかりWS
8鳥越未玖L
9正里菜S
10岩崎紗也加L
11上野香織MB
12小山綾菜WS
13家高七央子MB
14佐川奈美MB
15柳田光綺WS
17篠原沙耶香S
18廣瀬七海WS


誰か不在のような気がするな・・・と思ったら、リオ五輪の疲労による影響か、島村春世選手はエントリーされてないですね。

この点を鑑みると、MBの一角は大野選手で間違いないとして、もう一角は、B代表でなら実績がある家高選手が中心ではないか・・・と思っていたら、佐川選手がスタメンでした。レフティの佐川選手をMBで起用とはビックリでした。

リベロは、キャプテンの岩崎選手が出場しておりました。

ちなみに、北海道人である拙管理人としましては、廣瀬選手がどれだけ活躍するかにも注目したいですね。おそらく、柳田選手の控えでしょうけど・・・
リーグ戦は他に、開催国フィリピン、ホンコン、ベトナム、北朝鮮、イラン、タイ、インドネシア、カザフスタン、チャイニーズタイペイ、マレーシア、中国の各クラブチームが出場します。

まず赤ロケはC組にエントリーされ、1次リーグ戦にて9/4にインドネシアのジャカルタ・エレクトリックPLN 、9/5にカザフスタンのアルタイVC 、9/6に順位決定予備戦としてフィリピンのフォトン・フィリピーナズ、9/7にベトナムのソンシンLVPバンク、休息日後の9/9にタイペイのタイワン・グランド、9/10にタイのバンコク・グラス、9/11にファイナルにて中国のバイ・シェンジェングと対決しました。結果は下記の通りです。

日程対戦チームリーグ方式セット勝敗
09/04ジャカルタ・エレクトリックPLN (インドネシア)1次25-16、25-15、25-17
09/05アルタイVC (カザフスタン)1次25-16、25-17、25-19
09/06フォトン・フィリピーナズ(フィリピン)順位決定予備戦25-13、25-7、25-15
09/07ソンシンLVPバンク(ベトナム)順位決定予備戦25-15、25-19、25-13
09/09タイワン・グランド(チャイニーズタイペイ)クォーターファイナルラウンド25-6、25-23、25-13
09/10バンコク・グラス(タイ)セミファイナルラウンド22-25、25-19、21-25、25-20、15-7
09/11バイ・シェンジェング(中国)ファイナルラウンド25-23、25-19、25-21


初めてタイ戦にてセットを取られてしまい、中国戦はどうなる事やら・・・と思いましたが、特にファイナルの日の赤ロケは、かなりの部分、違ったものがあったように思えます。赤ロケ優勝おめでとうございます!





2016-09-07(Wed)

【全日本女子】 木村のトホホな迷シーンの数々を一挙公開


みなさん、こんばんわ。


本来なら、全日本女子に関する話題は、眞鍋政義監督の進退が分かった時点でも遅くはないと思ったのですが・・・この業界は、バレーに関する話題が非常に少なく、拙ブログ管理人が一個人にて毎日更新を続けるのは、少々無理があります。故に、今回だけは全日本女子の話題を致しますが、次回の全日本女子に関する更新は未定です。予め御了承ください。


さて先日、過去のバレーボールマガジン(2014/9月号)をチェックしていたら、下記のものを見つけました。トレーディングカードです。


CA33OCTT.jpg 宮下遥選手と長岡望悠選手。恋人同士じゃないぞ!(笑)

CAKXID5X.jpg 普通に迫田さおり選手と新鍋理沙選手(懐かしいツーショット)


そして・・・今回の主役となるのが・・・


CAD4SWW7.jpg 美里さんの姉(注:1)とも言われる)木村沙織選手です。


木村選手は、仏のようなキャラで、ファンからも選手からもスタッフからも首脳陣からも好かれています。

その一方・・・どのアスリートにも得てして、そののような傾向は大なり小なりありますが・・・木村選手とて信じ難いボケも多々あり、周りのファンの嘲笑を買っているのも確か。拙ブログでは、そんな木村選手の、過去の信じ難いボケの数々を紹介します。

本心はパイオニアに行きたかったサオリン

木村選手は2012/13シーズンに東レアローズを退団してトルコリーグのワクフバンク・テュルクテレコムへ移籍しましたが、殆どと言っていいほど途中出場に甘んじました。その木村選手が東レ退団時の記者会見にて、「本当はどこに行きたかったか」を聞かれると、「パイオニアに行きたいと思っていました」とコメント。周囲の大爆笑を買ったのは想像に難くなかった・・・


安全第一を誓うサオリン

同会見にて、今後の目標を聞かれると、「安全第一で頑張ります」とコメント。どこの工事現場の看板だよ!これまた、周囲の大爆笑を買ったのは間違いありませんでした。


ブラの代わりにパンツを履こうとしたサオリン

全日本女子で同僚だった狩野舞子選手の話によると・・・突然「まちがえた~」とゲラゲラ笑っていたので、何が起こったのか確認したところ、ブラジャーをパンツと履き間違えてしまったそうです。時差ぼけが原因だったらしいですが・・・履き間違えるモノが違いすぎてはいないかな?


江畑にコンビニの場所をわざと間違えて伝えたサオリン

ある時、木村選手と江畑幸子選手とが街に出かけた時の事。タクシーにて江畑選手が「コンビニに寄りたい」との事だったので、優しい木村選手は数キロ先のコンビニを教えたところ、何キロ待ってもコンビニらしきものが見当たらないので、とりあえず戻ると、何食わぬ顔で木村選手の姿が。聞いてみると、目と鼻の先にあったらしい・・・それも、わざと教えなかったという・・・この話を聞いて、拙ブログ管理人は木村選手のキャプテンとしての資質を疑いました(笑)。

「まぐれじゃないし!」byサオリン

一昨季、Vプレミアリーグにて東レアローズvsNECレッドロケッツとの一戦がありました。その第2セット途中、木村選手がニ連続でアタック。たまらずNECはタイム。その際、山口かなめ選手が全員に、木村選手のアタックを「まぐれだから、まぐれ!」と一喝。本当に「まぐれ」だったかどうかは分かりませんが、その後、木村選手がアタックを決める度に「まぐれ」のコメントが激増しました。なお、木村選手が「まぐれじゃないし」と言ったかどうかは、定かではありません(笑)。


紗理那に間違えてゴムチューブを渡したサオリン

とある試合で控えだった木村選手が、タイムアウトの時に、古賀紗理那選手の右肩に何故かタオルをかける・・・はずが、間違えてゴムチューブをかけてしまい、慌てて全速力でタオルを拾いに戻った事件。というか、チューブで汗が拭けるんかい(笑)


澪に悪魔のハイタッチを行おうとしたサオリン

152㎝の小さい守護神だった佐藤澪選手に、木村選手がハイタッチをしようとして、わざと手の届かないところに手を挙げたという酷い事件(笑)。ちなみに、澪選手は狡猾な事に、わざと低いところに手を出してタッチ不成立にしてしまった、という・・・このテクニックは、島村春世選手もパクったようです。木村選手からしてコレだから、ジョンも真似したんじゃないかよ(苦笑)。


「サザエさん」公開後にロシア戦で惜敗する呪われたサオリン

去年8/23、「サザエさん」にて「バレーボールの星」というエピソードに、木村選手と眞鍋政義監督が出演。もっとも、その直後にW杯のロシア戦が組まれ、フルセットの末に全日本女子は惜敗を喰らってしまいました。なお、最後に波平が「バカモン!」と言ったとか言わなかったとか・・・(笑)。


・・・まあ、この手のエピソード、まだまだ幾らかは点在しているもの、と思います。
注:1 今年の世界最終予選にて。念のために言う。「木村美里選手」ではなく、「美里さん」と一般人まがいの呼ばわりである。東レアローズの一応正リベロであるという事実は、綺麗さっぱりと忘れ去られている。
2016-09-04(Sun)

【全日本女子】 何らかの形でリベロを育てるプロジェクトはないものだろうか

みなさん、こんばんわ。


御存知の通り、日本バレーボール協会は、2020年の東京オリンピックおよびその先の未来に向け、バレーボールの発展を目指す活動「Project Core」を2014年に発足しました。以降、東京五輪に向けて集中的に強化していく選手として「Team Core」のメンバーを選出し、強化を図っています。

2016/7/5、2016年度「Team Core」のメンバー13人が決定しました。メンバーは下記の通りです。

選手現所属ポジション
大竹里歩デンソーエアリービーズMB
宮下遥岡山シーガルズS
伊藤望東レアローズMB
井上愛里沙筑波大WS
古賀紗理那NECレッドロケッツWS
白井美沙紀東レアローズS
坂本奈々香デンソーエアリービーズWS
廣瀬七海NECレッドロケッツWS
木村千春JTマーヴェラスMB
黒後愛下北沢成徳高WS
オクム大庭ハウィ冬美博多女子高WS
宮部藍梨金蘭会高WS
吉岡美晴東九州龍谷高WS

注: 赤文字は新メンバーです。


「Team Core」といっても、メンバーそれぞれが目的に見合った大会で活動するものであり、決してチーム名ではなく、ユニットみたいなものですから、チームとしての体を成す必要はありませんが・・・


ただ、疑問があります。勿論、将来の大型選手の育成が趣旨である事はわかりますが・・・まず第一に、プロジェクトを組むのはいいですが、プロジェクトのメンバー全員が全日本女子のメンバーになれるという保障は、何処にもございません。日本の女子バレーは、伝統的に高さや攻撃力より、レシーブ力を売りにしていましたので、将来的には、高さも攻撃力もあり、尚且つレシーブ力も兼ね備える選手が数名、出現してもいいでしょうけど。



もう一つの疑問は・・・根本を成すべきはずのサーブレシーブを担うメンバーの一角であるリベロを、このプロジェクトにて一切、扱っておられないというのは、如何なるわけでございましょうか?

このプロジェクトの新メンバーが新たに選出されたのは、今年の7/5です。勿論、この時点では、リオ五輪にて全日本女子がサーブレシーブを含むレシーブ崩壊の憂き目を見た事は、想定さえもしてなかったでしょう。

しかし、現実のところは、皆様も御存知の通り、サーブレシーブが乱れに乱れ、結局は準々決勝敗退に繋がっております。この点は、繋ぎが歴史的伝統である全日本女子にとっては死活問題であり、当然の事ながら敗因の一つとして議題に挙がって然るべきものでしょう。特にリベロは、膝の状態が悪いという問題があったと言えども、佐藤あり紗選手や座安琴希選手を担ぎ出して不発に終わった事を考えると、次回の会議においては新たな正守護神候補を日本バレーボール協会は選出すべきではないか?という危機に直面しているのです。

特に日本のリベロの場合、対戦相手は何処も高さとパワーを有する選手が揃っておる事を考えると、アタッカーのように試合に出場させて経験を積めば宜しい、というだけでは経験不足です。「Project Core」とは別に、リベロの強化を図るプロジェクトの発足が必要不可欠でしょう。普段の練習は元より、海外修行への情報収集も綿密に行い、各自それぞれが修行を積ませてレベルアップを図る必要があるはずです。

しかし現実の所、日本バレーボール協会がリベロに関して何らかの形で強化に関与しているという声は一切聞かれません。それともリベロは、久光製薬スプリングスのリベロが余暇戦力を生かす為に勝手にやっていれば宜しい、とでもおっしゃりたいのでしょうか?


本来、「Project  Core」は未来の大型選手育成が趣旨ですが・・・バレーボールは大型選手のみに特化したスポーツではない事を踏まえ、アタッカーだけではなく、リベロの選手もプロジェクトメンバーとして育てて頂きたいものです。




2016-09-03(Sat)

【全日本女子】 右の長岡を生かすためにも古賀・黒後といった左サイド大砲の台頭は必至

みなさん、こんばんわ。


順位選手所属ポイント
1長岡望悠久光製薬41
2山口舞岡山7
3近江あかりNEC5
3古賀紗理那NEC5
3荒木絵里香上尾5
6柳田光綺NEC4
6ローレン・パオリーニ日立4
6石田瑞穂デンソー4
9野本梨佳久光製薬2
9江畑幸子RCカンヌ2


上記の表は、月刊バレーボール2016/1月号の「Vリーガーが選ぶVリーグのすごい人」のスパイク部門です。このランキングからでも、いかに長岡選手の、アタッカーとしてのポテンシャルが凄いかを物語っておる、というものです。

普通にクロスやストレートで決める場合もあれば、相手ブロックの先に当てて後ろに大きく飛ばす場合もあり、またフェイントもあります。スパイク最高到達点310㎝という高さも然りで、日本人は勿論の事ながら、世界相手でもそう簡単に攻略出来る選手ではありません。

CAPCX4S1.jpg


長岡選手のスパイクを、NECレッドロケッツのリベロ・岩崎紗也加選手は、こう評しています。

コース幅が広くて、緩急をうまく使った攻撃なので的を絞れません。また、空中でヒットする前に目が合うのですが、相手のディフェンスシフトを見てから攻撃してくるうえ、どこのコースに打つ時もあまりフォームが変わらないのでコースが読めない選手です


しかし・・・リオ五輪では、不発に終わった場面も多く、長岡選手の得点能力を100%使い切れたとは、御世辞にも言い難いです。勿論、その理由は木村沙織選手が怪我のため本調子で無かったのも、非常に大きかったですが。勿論、怪我は避けて通りようが無いので、怪我したらしたで、その時その時のベストメンバーで凌ぐしかないですけどね・・・


その木村選手も、リオ五輪後の代表引退を発表しており、左サイドの戦力再整備は急務となっています。

リオ五輪の、全日本女子の左サイドは、木村選手の他に、石井優希選手、鍋谷友理枝選手もいましたが・・・アタッカーというよりピンチサーブの仕事が多かった鍋谷選手は目立った活躍を残すには至らず、基本的にというか根本的に左サイドは、木村選手と石井選手で凌いでいたのが現状でした。

石井選手は非常にタフな選手ですが、大事な試合ではインパクトが薄い印象があり、頼りになる感は、あまりありません。

また、ユーティリティの鍋谷選手に、木村選手の怪我をカバーするだけの大活躍を望むのは酷というものでしょう。そうなると・・・

CA70E3JV.jpg

古賀選手の台頭は、全日本女子の再生に向けて必要不可欠なワンピースとなります。

古賀選手は、今年の世界最終予選は不振に終わり、リオ五輪メンバーからは外れました。いくらスーパー新人とは言えども、五輪のプレッシャーに勝つ事は出来ませんでした。もっとも、パワーが身につけば、怖いモノは、そんなには無いはずです。


もっとも、古賀選手だけでは勿論、木村選手の穴を埋める事は不可能です。もう一人、古賀選手の対角を務められる選手が必要です。かといっても、Vリーグ内には、古賀選手並みあるいはそれを凌駕するレベルの高さを有する選手は皆無なので、若い戦力の中から有望株を探し出す必要があります。

下北沢成徳高の黒後愛選手は大型(180㎝)で、かつレシーブもこなせるので、実績を積めば、それ相当の選手に成長する事は明白でしょう。


この二人が順当に成長してこそ、長岡選手の得点感覚も生きてくるのでしょう。





PV
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。