--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-16(Fri)

【日立リヴァーレ】 目に見えて劣化している佐藤あり紗のサーブレシーブ

みなさん、こんばんわ。


拙ブログ管理人は、リベロでは間違いなく(技術面は別として)日立リヴァーレ佐藤あり紗選手をNo.1リベロに挙げます。


CAJWBHA7.jpg 

あり紗選手と言えば思い出すのが、時折繰り出す、ツーでのトスフェイントです。自身の得点にはなりませんが、滅多に御目にかかれないだけに、一部では「あり紗スペシャル」と呼ぶユーザーもいます。


しかし。。。リオ五輪でのあり紗選手は腰が脆く、絶対的守護神と呼ぶには、かなり危ないものがありました。


シーズン試合セットサーブレシーブ成功率
2013/1428116401/27267.8
2014/151975429/29869.5
2015/162181265/15558.5

上記の表は、あり紗選手のプレミアリーグでのサーブレシーブ成績を纏めたものです。2012/13シーズンはチャレンジリーグだったので表記はしておりませんが、サーブレシーブ賞は獲得しております。

絶対的守護神が不在であった当時の全日本女子にとって、あり紗選手は一躍、正リベロの最優秀候補となったのですが・・・好事魔多しで、2014年に左膝を怪我してしまいました。一時は引退も考えていたほど。眞鍋政義監督や恩師である佐藤伊知子氏の言葉もあって2016年全日本に復帰したものの、納得した上での決断だったのか・・・事実、2015/16シーズンのサーブレシーブ率は1割以上おちており、レシーブを庇ってもらった事も度々。使用球がミカサであった点を考慮しても・・・また、膝の故障を我慢して出場を続けた事も併せて考慮しても、酷いものでした。

この点は、如何に眞鍋JAPANが人材不足であったかを暗示しているかのようでした。


こちらの記事でも以前書きましたが、特にリベロの場合、膝の故障は選手生命に影響を及ぼしかねません。ただ単に現役を続けていたいだけなら、何も言いませんが・・・もし今季も、サーブレシーブの成績が芳しくないものであったなら、残念ですがあり紗選手も、引き際は考えておいたほうが、宜しいのかもしれません。


最後に、毎日新聞の取材を掲載しておきます。

リオデジャネイロ五輪に出場した女子バレーボールの佐藤あり紗選手(27)=日立リヴァーレ=が31日、県庁を訪れ、橋本昌知事に結果を報告した。佐藤選手は「時差がある中で多くの人に応援していただき、頑張る原動力になった」と声援に感謝していた。
 
日本代表は準々決勝で敗れたが、予選を含めた全6試合に守備専門のリベロとして出場。「チームとしても個人としても納得いく結果ではなかったが、後悔ではなく反省して今後のバレー人生の糧にしたい」と振り返った。

この日は日本選手団の赤いジャケット姿で登場。橋本知事に「次(東京五輪)も出るの?」と問われると、「今後についてはよく考えたい」と述べるにとどめた。 (毎日新聞より


 
スポンサーサイト
2016-09-13(Tue)

【日立リヴァーレ】 新たな新外国人はまたアメリカから

みなさん、こんばんわ。


日立リヴァーレからは未だ公式発表はありませんが・・・新外国人として、前ガラタサライのカースティ・ジャクソン選手の入団が決まったようです。背番号は14です。

カースティは1990/9/11生まれのロサンゼルス出身。アリゾナ大学卒業後の2012年、フランスリーグのクインパー・バレー29に入団。2013年からはアゼルバイジャンのラビタ・バクーに、2014年はドイツリーグのドレスドナーSC、2015年からはトルコリーグのガラタサライに入団していました。

代表に選ばれたのは2013年。同年のグラチャンで銀メダル獲得に貢献しています。

ポジションはMBで、ローレン・パオリーニの後釜という格好となるので、チーム編成で困る事は、そんなに無いでしょう。優勝出来るか否かは別として・・・




 
2016-09-10(Sat)

【日立リヴァーレ】 実は江畑と同期だった正司令塔の佐藤美弥

みなさん、こんばんわ。


昨季、一世一代(?)の準優勝を成し遂げた日立リヴァーレ。その影に、ローレン・パオリーニの名前を挙げるのは簡単ですが・・・


CA8FLZA1.jpg 無邪気な事にコートで横になっていますけど(苦笑)・・・この人がいた事も、忘れてはいけません。


佐藤美弥選手です。



秋田県秋田市出身で(!)、聖霊女子短大付属高時代に春校バレーやインターハイで活躍。なお、同僚としてトスを貰っていたのが・・・何でコイツがいるんだい、という感じですが・・・

江畑幸子選手でした。


その後、嘉悦大学に進学、卒業後に日立入団。その日立には、奇しくも(!?)あの江畑選手がいました。

しかし、チームの内部人事で監督が松田明彦氏に昇格すると、江畑選手はRCカンヌに移籍。その2013/14シーズンに正司令塔に転進。

決して派手ではありませんが、堅実なパスワークで現在の地位を勝ち得ております。


特に昨季は、サーブでの躍進が目覚しく、サーブ効果率16.3%を記録して、敢闘賞およびベスト6に輝いています。


現在、全日本女子の第2セッターは混沌としており、誰がセッターになっても別におかしくない状態です。一人目は宮下遥選手で間違いなかろうとして・・・二人目は誰になるのか・・・今のところは、田代佳奈美選手が務めておりますが、年齢的に25歳と微妙で、サーブはそれなりに通用しそうですが、監督の人事交代次第では第2セッターの座も危ないかもしれません。


美弥選手は2014年に全日本女子召集の経験がありますが・・・今の第2セッター争い次第では、美弥選手の再召集も、決して有り得ない事ではありません。





2016-08-25(Thu)

【日立リヴァーレ】 リベロにとって膝靭帯損傷は致命的な怪我になりかねない

みなさん、こんばんわ。



昨季退団してしまった、日立リヴァーレの控えリベロであった、伊関悠という選手を覚えておられるファンは、未だ決して少なくないと思います。伊関さんは帯南商高から2010年に日立入り。当時、日立の総監督だった菅原貞敬氏(現・顧問)は、「全国のいろんなリベロと比較しても目立っていた。これからリベロとして鍛えて経験を積んでいけば将来伸びていくと思う」「運動能力が高く、動きが速い。読みが良くて常にスパイクのコースに入って上げていた。あそこまで読みや勘を的中させる選手はなかなかいない」と一目惚れだったのですが、怪我だけは克服出来ませんでした。

帯南商高出身で、バレーボールの国内最高峰のプレミアリーグで戦った伊関悠=はるか=(23)が、所属していた日立リヴァーレを退部し、第一線から退いた。相手アタックの読みとボールへの反応の良さで、リベロとして156センチの体を目いっぱい動かしてきた。右膝手術も乗り越えてコートに復帰するなど「ずっとバレーボールと向き合ってきた。未練はない」と、短い現役生活ながらも完全燃焼した。
 
伊関は豊頃町生まれ。豊頃中時にはアタッカーとして活躍、道中体連で準優勝して全国大会にも進んだ。全国都道府県対抗大会には道選抜のリベロで出場。帯南商高で本格的に同ポジションに転向した。主将を務めた3年時には道高体連で初優勝するなど、全国の舞台を3度経験した。
 
高校卒業後に、当時チャレンジリーグ(2部相当)の日立に入団。1年目から試合に出場した。2013年にプレミアリーグに昇格し、十勝初のプレミア選手となった。このころから、スピードとパワーの違いに「毎日辞めたい気持ちだった」と苦しんだ1年目から大きく成長。体の軸がぶれなくなり、レシーブに手応えを感じ始めていた。同年11月の開幕戦はレシーバーとして途中出場し、日本バレーボール界のトップリーグのコートに立った。
 
順調だったが、12月上旬の練習中に右膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂。14年1月に手術し、同シーズンを棒に振った。チームを離れ、厳しく孤独なリハビリとトレーニングの毎日。力が入らず動かない右足を見て悔し涙を流したこともあった。チームメートで親友の佐々木美麗(22)と交わした「また一緒に同じコートで試合をしよう」との約束を励みに、10月ごろにチームに合流。ただ、膝を無意識のうちにかばった影響か、今度は腰痛を発症した。11月に開幕した昨季はベンチ入りは果たすも、出場はならず。練習で以前は拾えていたボールも取れないことも多く、昨年末に「このシーズン限りで引退しよう」と決意を固めた。(2015/06/26 WEB TOKACHIより)


・・・という残念な結果になりました。


特にリベロの場合は、足腰に掛かる負担が大きいですから、靭帯を損傷したら選手生命に影響を与えかねません。リベロは地味なポジションですが、怪我した時のリスクが特に高いポジションである事はご理解を。この点を考慮して声援を送って頂けると有難いです。





2016-08-20(Sat)

【日立リヴァーレ】 余りにも大き過ぎるパオリーニの退団

みなさん、こんばんわ。


あまり興味は無いですが・・・リオデジャネイロオリンピックにて女子の準決勝が行われ、共同通信によると、セルビアが米国に、全日本女子の呪いかどうかは知りませんが3―2で競り勝ち、初めて決勝に進みました。強弱をつけたサーブで相手を揺さぶり、しつこいブロックで粘り強く守ったようです。日本でも御馴染みミハイロビッチが22得点、ボシュコビッチが20得点で攻撃を引っ張りました。また、中国は3―1でオランダを下し、優勝したアテネ大会以来3大会ぶりの決勝進出です。エースのシュテイが33得点と活躍し、全セットが2点差という接戦だったようです。 国際のバレー情報は、ここまでとして・・・



昨季、日立リヴァーレは初のファイナル6を1位で通過し、ファイナルでは久光製薬スプリングスに1-3で敗戦を喫したものの、健闘を存分に見せました。

しかし・・・リーグ戦終了後から、チームには寂寥とした風が、早くも流れています。


最も痛いのが、4月のローレン・パオリーニの退団でした。過去3年間、攻撃力のあるミドルブロッカーとしてチームに多大な貢献をしましたが・・・パオリーニの退団で、得点力のある選手は不在となり、松田明彦監督が自嘲気味に言っていた「チビッコ軍団」が、現実の言葉と化してしまいました。自身が決め た次なるステップへ進むための退部、という事で・・・現地点では、パオリーニの今後は分かりませんが・・・得点力で大きなデメリットを背負う破目となってしまった事は確実でしょう。

また、橋本直子選手、佐々木美麗選手、川村小捺選手の退団も後日発表されました。他はともかく、橋本選手は正セッターである佐藤美弥選手の控え役。場数を踏んでいるベテランであり、現地点にてチームにとって直接的な被害を及ぼすほどの事ではないでしょうけど、万が一の場合を考えると、やはり不安材料。8月に、東レアローズを退団した下平夏奈選手が移籍入団したので、取りあえずセッター難は回避された格好ですが・・・東レ時代の下平選手はピンチサーバーのイメージで、セッターとしての実力は未知数。それにしても、この2年間、美弥選手の控えが昨季が橋本、今季が下平と、いずれも移籍選手。付け焼刃的な補強、という感じがあって、あまりいい感じには見えませんが・・・この点は、どうなんでしょうね。


・・・とにかく、得点源のパオリーニの穴は何とかしないと、現地点でも勿論チビッコ軍団の日立では、サイド偏重の体力を無駄にロスするバレーとなり、長丁場でタイトなプレミアでは、早かれ遅かれ息切れしかねないのは必衰。おそらくフロントは、点を獲れる外人は発掘中なんでしょうけど・・・外人が外れたら、日立は目も当てられない苦しいシーズンを迎えてしまうかもしれません。




PV
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
15位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。