--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-31(Wed)

【久光製薬スプリングス】 全日本女子正守護神候補がフランスリーグへ移籍

みなさん、こんばんわ。


8/31、久光製薬スプリングスは、リベロの座安琴希選手が海外移籍する事を発表しました。

移籍先は、フランスのRCカンヌです。

久光は昨季、筒井さやか選手が同じフランスリーグのル・ネカに1年間移籍しておりましたが・・・RCカンヌは、欧州チャンピオンズリーグを2度制覇した過去を持つ名門。イェレナ・ニコリッチ、マウゴジャータ・グリンカ、ヴァレンティーナ・フィオリン、エヴァ・ヤネヴァといった日本でも御馴染みの選手が所属した事もあり、日本からも佐野優子さん、井野亜季子さん、江畑幸子選手もプレーしていました。ちなみに、ローガン・トム、ブランキツア・ミハイロビッチ、タチアナ・ボカンの3名は久光OGでもあります。

公式サイトによると、移籍期間は2016/9/1~2017/6/30までの1年間です。


座安選手は同日発表の沖縄タイムスの取材にて、次のように答えています。

準々決勝で米国に敗れメダルを逃した。大会を振り返って。
 
「良い経験になったが、パワーや高さなどまだ超えられていない世界の壁を痛感した。もう一度ゼロから始めないといけない。日本バレーが勝つための課題はたくさんあるのを感じた」

自身のプレーについて。

「本職のリベロで試合に出ていないが、集中力やモチベーションの維持など勉強になった。葛藤もあり、フル出場でチームに貢献したかったが、自分の存在感は示せた。それがあるから『もう一度、頑張るか』という気持ちにもなっている」

「サーブレシーブとディグ(スパイクレシーブ)が数字として良くなっていかないと、これからにつながらない。まだ修行が必要だ」東京五輪への思いは。「リオが終わったばかりで、何とも言えないが、この1年で答えを出し目標を明確にして皆さんに伝えたい。これからのシーズンで自分の覚悟も問いたい」

県勢の競技力の向上については。

「沖縄から出て遠征に行くのは難しいが、向こうのチームとの試合や合宿など経験をしないといけない。他県の大会のビデオを見るのも手だ。沖縄と違って高さもある。そういったことを意識して練習してほしい」

県民の応援も熱かった。

「『沖縄県のために』という気持ちがすごく強い。この身長(159センチ)でも世界と戦えるということを証明するために出てきている。達成はまだだが夢は届けられているのかな、と思う。県民からパワーをもらい背中を押してもらって感謝している」

子どもたちに向けて。バレーをどう楽しめばいいか。

「見てて楽しいと思うのは『つなぎ』。ラリーを取るのは日本が勝つために必要。拾って拾って、粘って粘ってというのがバレーの良さであり、チームプレーの良さだと思う」

「でも、バレーだけでは上に行けない。あいさつなり、落ちているものを拾ったり、日常生活の『当たり前』をできるようにして、目配り、気遣いができて初めて競技力の向上にもつながる。日々の人間性を磨くということも大事にしてほしい」



・・・と、最後はキャプテン節で締めくくっています。


さて、久光にとって問題となるのは・・・リベロそのものについては、先述の筒井選手と戸江真奈選手がおりますので、戦力としては悲観するほどのマイナスにはならないでしょう。

しかし座安選手は、昨季よりチームキャプテンを務めております。このポジションは少なくとも、ジャンケンやあみだくじで決められるポジションではないだけに、近々人事面での変更を余儀なくさせられるのは必至。

順当に行けば、ゲームキャプテンの新鍋理沙選手が内部昇格でしょうけど・・・2012/13シーズンにキャプテンを務めた古藤千鶴選手の再任、あるいは筑波大でキャプテンを務めた事がある水田祐未選手も有り得ます。

穴馬として挙げられるかも、というのが、ピンチサーバーの石橋里紗選手。1990/2/3生まれと、前任の座安選手とは同年代(1990/1/11)であり、「ピンチサーブの切り札」でもあり、年代的にもナナリサや長岡選手、石井選手といった主力に睨みが効く立場にあります。


誰が新キャプテンになるのかは分かりませんが・・・座安選手には、せっかくの海外挑戦の機会なのですから、仏語辞典を片手に(注:1)ハングリー精神で頑張って欲しいものです。
注:1 佐野さんはRCカンヌへの挑戦が決まった時、仏語辞典を読みまくっていたという。
スポンサーサイト
2016-08-27(Sat)

【久光製薬スプリングス】 新鍋が語る久美監督や座安への絶賛は全日本女子への面当てにも思える

みなさん、こんばんわ。



CAXOGKKE.jpg 

週間文春9/1号が発売されました。拙ブログ管理人は未だ読んでおりませんが、ネットで噂を読んだ限りでは、眞鍋政義監督、木村沙織選手と新鍋理沙選手との間にいかなる確執を齎してしまっておるかが、書かれているようです。ここ北海道では、金曜の深夜にならないと週間文春が入荷しないので、土曜にゆっくりと読む事にいたします。おそらく、この2年間、新鍋選手を何故召集しなかったのか、中々嵌らなかったパズルの一つが見出せるのではないか?と思います。


新鍋選手の最大の持ち味がサーブレシーブである事は、バレーファンなら誰が見ても明白。過去Vプレミアリーグの成績を確認すれば、改めて良く分かると思います。

年度試合セットサーブレシーブ順位
2010/1126101542/40975.56
2011/122185456/30065.86
2012/1328103645/45570.55
2013/142695469/34172.71
2014/152181455/34074.71
2015/162181297/21873.41


デビューイヤーでサーブレシーブの機会が無かった2009/10シーズンはさて置き、2010/11シーズンは最優秀新人賞、以降もレシーブに関する賞の常連にもなっています。

年度タイトル
20112010/11 Vプレミアリーグ 最優秀新人賞
20122011/12 Vプレミアリーグ レシーブ賞
20132012/13 Vプレミアリーグ レシーブ賞
第62回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6
20142013/14 Vプレミアリーグ MVP・ベスト6・サーブレシーブ賞
20152014/15 Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞
AVCアジアクラブ選手権 ベストアウトサイドスパイカー
20162015/16プレミアリーグ サーブレシーブ賞


これだけのタイトルを残しておるにも関わらず、2015年以降、全日本バレーボール協会は新鍋選手を全日本女子に召集していません。新鍋選手の精進を全日本女子召集という形で顕わさなければ、全日本バレーボール協会および眞鍋監督は暗愚と批判されても仕方ございません。タイトルは一人一辺を耀かすものではなく、バレーボールに関わる万人のモチベーションを振い磨く励みとなすべきものである事を察するべきなのですが・・・勿論、新鍋選手についての決断については、何かの理由があっての事と御察しいたしますが・・・

勿論、眞鍋監督は新鍋選手を「レシーブの範囲が滅茶苦茶ひろいんですよ」と評しており、全日本女子の伝統バレーであるレシーブ力を最大の形で体現出来る選手の一人である筈でした。その新鍋選手が全日本から姿を消している、というのは・・・当初は故障説が、実しやかに流れていたものでしたが、どうやらガセネタのようですね。その後も、ハッキリとした理由は分からず仕舞。


故に、週間文春の記事の内容を一刻も早く知りたいところですが・・・実は、月刊バレーボール2015/3月号におけるインタビューが、ある程度の部分、ヒントらしきものを教えてくれます。


VB: 久光製薬の選手は「中田監督の存在が大きい」と事あるごとにおっしゃっていますが、新鍋選手は中田監督の影響、存在をどのように感じていますが?
 
新鍋: とにかくすごいです。ひと言ひと言にものすごく力がある。試合で負けていても「大丈夫だから」と久美さんに言われると、「大丈夫だ」と心の底から思えるし、安心するし、落ち着くんです。そういうパワーがありますね。悩んだり、嫌なことがあったりすると話を聞いてもらうのですが、久美さんから「こうしたほうがいい」と言われることはないんです。ただ、ご自分の現役時代のことを例にして私の話に応えてくれる。結果的に「久美さんがそう思うなら、もうちょっと頑張ろう」と思わせてくれるすごい人です。

VB: 今シーズンからゲームキャプテンとして、キャプテンマークをつけています。それも中田監督の信頼の証しでは?

新鍋: そうだったらうれしいです。でも、私にキャプテンは無理です(笑)

VB: 無理、と言い切る理由は?
 
新鍋: みんなを引っ張っていくとか、まとめるというタイプじゃないですからね。むしろ全然違う(笑)特に今年、チームのキャプテンであるコトキさん(座安琴希選手)はほんとうに大きな存在で、チームをまとめるという意味でも絶対に欠かせない人なので、久美さんと同じぐらい、コトキさんのすごさをあらためて感じています。

VB: 新鍋選手が見る座安選手のすごさとは?

新鍋: ただそこにいるだけで大きい存在だと思える人って、そんなにいないと思うんです。昨シーズン(2013/14シーズン)はケガでコトキさんがいない状況でシーズンを戦ったので、「コトキさんがいない」というだけで、あらためてその大きさを感じました。例えば、チームがうまくいっている時とか、勝っている時、自分たちのペースで試合ができている時というのは、みんな調子がいいから極端に言えば勝手に試合ができるし、結果的にそれぞれがうまく回るんです。でも、よくない時や負けている時は、みんながガタガタしてしまうので、そういうところでどうするか、というのがすごくチームにとっては大きい。いつも崩れそうな時とか、ほんとうに苦しいところで声をかけてくれるのがコトキさんだし、プレーでも「絶対にこの一本はあきらめない」とか、やらなきゃいけないこと、大切なものを見せてくれる存在です。だから、去年、コトキさんが抜けた時は、サヤ(筒井さやか選手)が入って不安というわけではなく、「コトキさんがいない」ということがほんとうにチームにとって大丈夫なのかな?と不安だらけでした。技術的なところ、というよりも気持の部分かな。でも、昨シーズンはサヤがほんとうに頑張ってくれたことがチームにとって大きな力になったと思うし、だからこそ、今シーズンはコトキさんが戻ってきたことがすごく大きい。たとえ自分の状態がよくなかったり、調子が悪かったとしてもそういう姿なんて少しも見せずに周りを盛り上げたり、動き回る姿を見て「もっとやらなきゃ」と思うし、私がスパイクを打つ時も、誰よりもコトキさんの声が大きく響くんです。私にとっても、チームにとっても、ほんとうに大切で大きな存在です。

VB: 座安選手も「今年は新鍋選手がかわった」「キレなくなった」とおっしゃっていました(笑)

新鍋: キレなくなった、って言われること自体がすごいですよね(笑)反省しなきゃ(笑)
でも何だろうな、正直、コートでプレーしていてもどうしようもなく腹が立つこととか、ムカッとくる時もありますよ。自分に対してもうまくいかないとものすごくイライラするし、誰が見ても「集中していないな」と思うようなプレーをする選手に対しても、イラッとすることもありました。でもそこで、今、私がキレちゃったらダメだよな、と言い聞かせるようにはなりましたね。昨季までは私がイライラし始めると、アンさん(平井香奈子)が察して、さりげなく声をかけてくれていたので救われた部分もあったんです。でもこれからは自分がそういう立場にならなきゃいけないと思うし、たとえ誰かの調子が悪かったとしても、コートの中にいる選手の中で絶対に一人はしっかりしなきゃいけないというか、崩れちゃいけないし、どんな状況でもちゃんと周りを見ていられる人が1人は必要かな、と思うんです。自分のことばかり考えてイライラするのではなく、とにかく「崩れない、崩れちゃダメだ」と自分に言い聞かせて、それなりに頑張っています(笑)

最後に新鍋選手は、全日本女子については「全日本では昨シーズンはミドルブロッカーがいない布陣で戦ったので、全体を見ると点数を取るための攻撃力、攻撃的なバレーをしてきました」と、MB1を暗に批判しているとも受け取れる発言に留め、最後にシーズンの目標として、「世界クラブ選手権で表彰台に立つこと!そのために日本では絶対に負けずに勝ち続けることです!!」。そこには、世界クラブ選手権や久光製薬と言う文字列はあっても、全日本女子への未練は全く感じさせない、と思わせるものがありました。

まあ、シーズン中なので所属チームのPRは当たり前の事ですが、ここまで中田久美監督や座安キャプテンをヨイショしているかのようなコメントに終始しておるのを拝見すると、中田監督や(特に)座安キャプテンを一見褒めているようで、実は眞鍋監督や木村選手への当てつけであったかのようにも思えてきます。




2016-08-23(Tue)

【久光製薬スプリングス】 懸念事項は世界クラブ選手権後のプレミア第1LEGでの長岡と石井の疲労

みなさん、こんばんわ。


先の話で失礼ですが・・・国際オリンピック委員会は8/17に、ローマ、パリ、ブダペスト、ロサンゼルスの4都市が2024年夏季五輪誘致のためのビジョン、コンセプト、戦略を記した第1段階の申請書類を締め切りまでに提出したと発表しました。2段階の締め切りは10月7日で、大会運営や大会後の施設活用に関わる最終段階の締め切りは2017年2月3日に設定されています。
話はさて置き・・・2012/13シーズンに中田久美監督が就任以来、優勝→優勝→準優勝→優勝・・・と王道を歩み続けている久光製薬スプリングスは、黒鷲旗とサマーリーグこそ予選リーグ敗退という憂き目こそ見ましたが、それは長岡望悠選手と石井優希選手、座安琴希選手が全日本女子に召集されていた部分が非常に大きく、国内に残っていた新鍋理沙選手を中心に、底上げはキッチリと行っている模様です。


ただ、10/18~10/23まで行われる世界クラブ選手権に出場後の10/29にVプレミアリーグ開幕、という非常にタイトなスケジュールを抱えている点は、チト気掛かり。2013/14もほとんどの主力が全日本に召集されて調整不足となり、シーズン当初は5勝5敗だった、という時もありました。まあ、全員が召集されたわけではないですし、また中田監督の事ですから、それらの点について言い訳を言ったりはしないと思いますけど。

問題を強いて挙げるなら・・・外人がいない事くらいでしょうか。長岡選手と石井選手がタイトな日程をこなさざるを得ないだけに・・・世界クラブ選手権後の、プレミアにおける長岡選手の代わりはどうするんですかね?久光では、外人は長岡選手の控えとなるのは必至だけに、かつてのミハイロビッチのような大物が喜んで久光に入団するとは思い難いですが、世界クラブ選手権後の疲労を考えると、特に第1LEGは厳しくなりますね。3月いっぱいでモンテネグロ代表だったタチアナ・ボカンは既に退団しており、今のところ助っ人外人獲得の情報は流れていないだけに、中田監督が舵取りを間違えると起用に関する面で軋みが発生しかねないのは必至。

また、石井選手の代わりはどうするおつもりでしょうか?まあ、野本梨佳選手でいくしかないとしても、野本選手のサーブレシーブ力はせいぜい50%強だけに、余程繋ぎがこなれていないと苦しい戦いを強いられそうです。まあ、タフな石井選手の事ですから、滅多な事では休まないと思いますけど・・・


もっとも、オフシーズンに戦力を左右しかねない退団情報が無かったのは救いでした。退団はボカンの他には、南波美紅選手と加藤陽一コーチ(注:2)くらいのもので、青山学院大では打ち屋の今村優香選手(注:1)の他にも、筑波大卒の帯川きよら選手と東九州龍谷の加藤光選手も入団、戦力に大きな穴が空かなかったのは幸い、というものでした。

また、ファイナル6中に古藤千鶴選手が怪我を負ったものの、中大路絢野選手が抜擢に答えたのは大きいものでした。早さなら古藤選手以上の感があり、この点は中田監督もいい底上げが出来たと思います。


★昨季の久光の最強スターティングオーダー
長岡岩坂石井L: 座安・戸江 
新鍋水田古藤


★今季の久光の予想スターティングオーダー
長岡岩坂石井L: 座安・筒井
新鍋水田古藤


もっとも、今季序盤については、先述した記事を読みながら予想するのが、一番いいでしょう。

気をつけて頂きたいのは、昨季ル・カネに移籍修行しておった筒井さやか選手が戻ってくる事。2016/06/30までの移籍だったので、既に日本には帰ってきているものと思います。そうなると、ディグ用リベロだった戸江真奈選手はレシーバーとして登録されるのではないか、と思います。

また、オーダー表には古藤選手を書きましたが・・・この点は、蓋を明けてみない事には、何とも言えませんけどね・・・拙ブログ管理人的には是非、中大路選手の台頭を、長い目で見て考えても実現させて欲しいところですがね。

「2016年世界クラブ選手権で久光は何位になるでしょうか?」投票アンケート募集しております!投票アンケートはこちらからです!!! (世界クラブ選手権に関する参考資料はこちらから

普通に久光をプレミアで応援したい方はこちらから
 注:1 【今村優香】 青山大在籍中の2014年5月、使用していたニキビ薬に禁止薬物カンレノンが検出され、3ヶ月間の資格停止処分を喰らっている。
注:2 【加藤陽一】 その後、PFUブルーキャッツのコーチに就任している。
PV
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。