--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-14(Wed)

【全日本女子】 ポイントゲッターが即キャプテンになれるわけではない

みなさん、こんばんわ。


リオオリンピックでは、米国がオランダを下して銅メダルに輝きました。今回も米国は、金メダルというわけにはいきませんでした。

米国代表であるコートニー・トンプソン選手のコメントによると、「日本は全体に勢いがなくて、MBの攻撃が少なくブロックの的が絞りやすかったと思います」と、やはり・・・というか、かねてから拙ブログでも指摘しましたが・・・全日本女子の、MBの強化はやはり必要なものであった事が、トンプソンのコメントからも分かるというものでしょう。

米国代表は他にも、キンバリー・ヒル選手も銅メダルについてコメントを寄せています。ヒルの場合は・・・


準決勝で負けた後に切り替えが大変でした。まだ終わってない、最後まであきらめちゃだめだって。世界はとてもわずかな差の戦いになっています。ですから、銅メダルでもここまでのチームの努力を誇りに思います。友人から日本のリーグの話は聞いています。私のプレースタイルとは少し違うかもしれませんが、将来は日本に行く機会があるかもしれませんね。バレーボールマガジンより


・・・と、リップサービスかもしれませんが、近い将来、日本でのプレー希望を仄めかすコメントも発しています。
もっとも、ヒルは現在のところワクフバンク所属。今季も、ワクフバンクの公算が大きいです。


ヒルは1989/11/30生まれの、ポートランド出身の26歳。193㎝、スパイク最高到達点は320cm。初めて代表に選出されたのは2013年で、当初は攻守に渡って活躍したものの、2014年からはアウトサイドヒッターとして活躍しています。

アウトサイドヒッターとは「左の打ち屋」で、日本で該当する選手を挙げれば江畑幸子と(強いて言うなら)迫田さおり選手がおります。つまり、ヒルや江畑選手や迫田選手を前衛に上げる場合、対角のレフトばかりではなく、リベロと左のユーティリティもサーブレシーブに参加しなければなりません。

また、後衛の場合はサーブレシーブを免除される可能性が大ですから(かと言ってもヒルはサーブレシーブが出来ないわけではない)、リベロやユーティリティへのサーブレシーブの負担は増します。ヒルはおそらく、そういう日本バレー界の現状を鑑みて、上記のコメントを行ったのではないでしょうか。
日本のVリーグの場合、大多数がオポジットまたはスーパーエースが攻撃専門の担当となるわけです。勿論、オポジットなどがサーブレシーブを行ってはいけない、という表面上の規制こそありませんが・・・例えば、久光製薬スプリングスでは、自チームでも代表チームでも長岡望悠選手が担当する事になりますが・・・長岡選手がサーブレシーブに参加した事例は稀です。それでも長岡選手は、点さえ取ってくれれば、誰も文句は言わないのです。

逆に言えば、長岡選手がサーブレシーブに参加するようになったら、全日本女子は、かなりヤバイだろうな、というのが手に取るように分かります。ディグが精一杯の長岡選手にサーブレシーブをやらせて、何のメリットがあるというのでしょうか?


始末に終えないのは、そんな長岡選手を全日本女子の時期キャプテンに推す声が、ネットで挙がっているという事なのです。サーブレシーブが出来ない選手がキャプテン、なんて話は聞いた事がありません。せいぜい良く言って、サブキャプテンがいいところではないでしょうか。

おそらく、眞鍋政義監督の後は中田久美監督であるという点を考慮した上での発言かもしれませんが・・・


拙ブログ管理人は大反対です。

寧ろ、全体の面倒見が良い島村春世選手とか、候補は無くも無いでしょうに。ブログを知らない人に意見を言わせると、こんな無責任極まりないコメントが発生して困りますなあ。。。




スポンサーサイト
2016-09-09(Fri)

【久光製薬スプリングス】 過去にも色々な宣伝がありました

みなさん、こんにちわ。


下記の画像についてですが・・・もう既に、御分かり頂いておるものと思いますが、一応紹介します。


CAYBWDRN.jpg 

「2012/13チームの顔」より。ちなみに画像は、新鍋理沙選手と、岩坂名奈選手です。


CA6N50IL.jpg 

「2014/15チームの顔」より。画像は左から、石井優希選手、新鍋選手、長岡望悠選手です。


これが、昨季の「2015/16チームの顔」になると・・・


CA5TWITF.jpg 

「スポーツが好きだ、大好きだ!」という文字列に加わり、選手数もバージョンアップしております。

前のほうから画像を確認すると・・・長岡選手、古藤千鶴選手、座安琴希選手、新鍋選手、石井選手です。

しかも新鍋選手は、同年「月刊バレーボール」の付録と同じ画像を使っておりますね。


今季の久光製薬スプリングス、誰をCMに使うのでしょうかね?少なくとも、まさか座安さんは無いだろうと思いますが・・・





2016-09-07(Wed)

【全日本女子】 木村のトホホな迷シーンの数々を一挙公開


みなさん、こんばんわ。


本来なら、全日本女子に関する話題は、眞鍋政義監督の進退が分かった時点でも遅くはないと思ったのですが・・・この業界は、バレーに関する話題が非常に少なく、拙ブログ管理人が一個人にて毎日更新を続けるのは、少々無理があります。故に、今回だけは全日本女子の話題を致しますが、次回の全日本女子に関する更新は未定です。予め御了承ください。


さて先日、過去のバレーボールマガジン(2014/9月号)をチェックしていたら、下記のものを見つけました。トレーディングカードです。


CA33OCTT.jpg 宮下遥選手と長岡望悠選手。恋人同士じゃないぞ!(笑)

CAKXID5X.jpg 普通に迫田さおり選手と新鍋理沙選手(懐かしいツーショット)


そして・・・今回の主役となるのが・・・


CAD4SWW7.jpg 美里さんの姉(注:1)とも言われる)木村沙織選手です。


木村選手は、仏のようなキャラで、ファンからも選手からもスタッフからも首脳陣からも好かれています。

その一方・・・どのアスリートにも得てして、そののような傾向は大なり小なりありますが・・・木村選手とて信じ難いボケも多々あり、周りのファンの嘲笑を買っているのも確か。拙ブログでは、そんな木村選手の、過去の信じ難いボケの数々を紹介します。

本心はパイオニアに行きたかったサオリン

木村選手は2012/13シーズンに東レアローズを退団してトルコリーグのワクフバンク・テュルクテレコムへ移籍しましたが、殆どと言っていいほど途中出場に甘んじました。その木村選手が東レ退団時の記者会見にて、「本当はどこに行きたかったか」を聞かれると、「パイオニアに行きたいと思っていました」とコメント。周囲の大爆笑を買ったのは想像に難くなかった・・・


安全第一を誓うサオリン

同会見にて、今後の目標を聞かれると、「安全第一で頑張ります」とコメント。どこの工事現場の看板だよ!これまた、周囲の大爆笑を買ったのは間違いありませんでした。


ブラの代わりにパンツを履こうとしたサオリン

全日本女子で同僚だった狩野舞子選手の話によると・・・突然「まちがえた~」とゲラゲラ笑っていたので、何が起こったのか確認したところ、ブラジャーをパンツと履き間違えてしまったそうです。時差ぼけが原因だったらしいですが・・・履き間違えるモノが違いすぎてはいないかな?


江畑にコンビニの場所をわざと間違えて伝えたサオリン

ある時、木村選手と江畑幸子選手とが街に出かけた時の事。タクシーにて江畑選手が「コンビニに寄りたい」との事だったので、優しい木村選手は数キロ先のコンビニを教えたところ、何キロ待ってもコンビニらしきものが見当たらないので、とりあえず戻ると、何食わぬ顔で木村選手の姿が。聞いてみると、目と鼻の先にあったらしい・・・それも、わざと教えなかったという・・・この話を聞いて、拙ブログ管理人は木村選手のキャプテンとしての資質を疑いました(笑)。

「まぐれじゃないし!」byサオリン

一昨季、Vプレミアリーグにて東レアローズvsNECレッドロケッツとの一戦がありました。その第2セット途中、木村選手がニ連続でアタック。たまらずNECはタイム。その際、山口かなめ選手が全員に、木村選手のアタックを「まぐれだから、まぐれ!」と一喝。本当に「まぐれ」だったかどうかは分かりませんが、その後、木村選手がアタックを決める度に「まぐれ」のコメントが激増しました。なお、木村選手が「まぐれじゃないし」と言ったかどうかは、定かではありません(笑)。


紗理那に間違えてゴムチューブを渡したサオリン

とある試合で控えだった木村選手が、タイムアウトの時に、古賀紗理那選手の右肩に何故かタオルをかける・・・はずが、間違えてゴムチューブをかけてしまい、慌てて全速力でタオルを拾いに戻った事件。というか、チューブで汗が拭けるんかい(笑)


澪に悪魔のハイタッチを行おうとしたサオリン

152㎝の小さい守護神だった佐藤澪選手に、木村選手がハイタッチをしようとして、わざと手の届かないところに手を挙げたという酷い事件(笑)。ちなみに、澪選手は狡猾な事に、わざと低いところに手を出してタッチ不成立にしてしまった、という・・・このテクニックは、島村春世選手もパクったようです。木村選手からしてコレだから、ジョンも真似したんじゃないかよ(苦笑)。


「サザエさん」公開後にロシア戦で惜敗する呪われたサオリン

去年8/23、「サザエさん」にて「バレーボールの星」というエピソードに、木村選手と眞鍋政義監督が出演。もっとも、その直後にW杯のロシア戦が組まれ、フルセットの末に全日本女子は惜敗を喰らってしまいました。なお、最後に波平が「バカモン!」と言ったとか言わなかったとか・・・(笑)。


・・・まあ、この手のエピソード、まだまだ幾らかは点在しているもの、と思います。
注:1 今年の世界最終予選にて。念のために言う。「木村美里選手」ではなく、「美里さん」と一般人まがいの呼ばわりである。東レアローズの一応正リベロであるという事実は、綺麗さっぱりと忘れ去られている。
2016-09-03(Sat)

【全日本女子】 右の長岡を生かすためにも古賀・黒後といった左サイド大砲の台頭は必至

みなさん、こんばんわ。


順位選手所属ポイント
1長岡望悠久光製薬41
2山口舞岡山7
3近江あかりNEC5
3古賀紗理那NEC5
3荒木絵里香上尾5
6柳田光綺NEC4
6ローレン・パオリーニ日立4
6石田瑞穂デンソー4
9野本梨佳久光製薬2
9江畑幸子RCカンヌ2


上記の表は、月刊バレーボール2016/1月号の「Vリーガーが選ぶVリーグのすごい人」のスパイク部門です。このランキングからでも、いかに長岡選手の、アタッカーとしてのポテンシャルが凄いかを物語っておる、というものです。

普通にクロスやストレートで決める場合もあれば、相手ブロックの先に当てて後ろに大きく飛ばす場合もあり、またフェイントもあります。スパイク最高到達点310㎝という高さも然りで、日本人は勿論の事ながら、世界相手でもそう簡単に攻略出来る選手ではありません。

CAPCX4S1.jpg


長岡選手のスパイクを、NECレッドロケッツのリベロ・岩崎紗也加選手は、こう評しています。

コース幅が広くて、緩急をうまく使った攻撃なので的を絞れません。また、空中でヒットする前に目が合うのですが、相手のディフェンスシフトを見てから攻撃してくるうえ、どこのコースに打つ時もあまりフォームが変わらないのでコースが読めない選手です


しかし・・・リオ五輪では、不発に終わった場面も多く、長岡選手の得点能力を100%使い切れたとは、御世辞にも言い難いです。勿論、その理由は木村沙織選手が怪我のため本調子で無かったのも、非常に大きかったですが。勿論、怪我は避けて通りようが無いので、怪我したらしたで、その時その時のベストメンバーで凌ぐしかないですけどね・・・


その木村選手も、リオ五輪後の代表引退を発表しており、左サイドの戦力再整備は急務となっています。

リオ五輪の、全日本女子の左サイドは、木村選手の他に、石井優希選手、鍋谷友理枝選手もいましたが・・・アタッカーというよりピンチサーブの仕事が多かった鍋谷選手は目立った活躍を残すには至らず、基本的にというか根本的に左サイドは、木村選手と石井選手で凌いでいたのが現状でした。

石井選手は非常にタフな選手ですが、大事な試合ではインパクトが薄い印象があり、頼りになる感は、あまりありません。

また、ユーティリティの鍋谷選手に、木村選手の怪我をカバーするだけの大活躍を望むのは酷というものでしょう。そうなると・・・

CA70E3JV.jpg

古賀選手の台頭は、全日本女子の再生に向けて必要不可欠なワンピースとなります。

古賀選手は、今年の世界最終予選は不振に終わり、リオ五輪メンバーからは外れました。いくらスーパー新人とは言えども、五輪のプレッシャーに勝つ事は出来ませんでした。もっとも、パワーが身につけば、怖いモノは、そんなには無いはずです。


もっとも、古賀選手だけでは勿論、木村選手の穴を埋める事は不可能です。もう一人、古賀選手の対角を務められる選手が必要です。かといっても、Vリーグ内には、古賀選手並みあるいはそれを凌駕するレベルの高さを有する選手は皆無なので、若い戦力の中から有望株を探し出す必要があります。

下北沢成徳高の黒後愛選手は大型(180㎝)で、かつレシーブもこなせるので、実績を積めば、それ相当の選手に成長する事は明白でしょう。


この二人が順当に成長してこそ、長岡選手の得点感覚も生きてくるのでしょう。





2016-08-30(Tue)

【全日本女子】 サーブの失敗が選手の価値を貶めるわけでは決して無い

みなさん、こんばんわ。


現代バレーボールにおいては、サーブは第一の攻撃として位置づけられております。バレーの技術の中で、サーブは唯一、選手一人の力で得点出来る技術であり、歴史的にその威力の向上のための技術開発が、常に行われてきました。例えばサーブ・ブロックとか(85年に禁止)やサーブのトスアップのやり直し(99年より禁止)、エンドライン幅9mのどこからでも打てるよう拡大(95年より)、ネットイン・サーブ(98年より)・・・というように、サーブ側の条件が飛躍的に緩和されていきました。

サーブも色々とあります。「フローターサーブ」「ジャンプサーブ」「ジャンプフローターサーブ」「スパイクサーブ」「スピンサーブ」「ドライブサーブ」といった種類があり、助走の仕方、スイングの方向、球質によって様々なサーブが生み出されます。

女子バレーでは、かつてはスパイクサーブも増加の傾向が見られましたが、イチかバチかのスパイクサーブよりも、ミスが少なく的を絞りやすいメリットから、ジャンプフローターサーブが主流となっておりますが・・・それは、どこの国の代表チームとてやっている事は、先日の記事にて指摘しています。女子の場合は、男子バレーのそれとはスパイクサーブのパワーが違うので、付け焼刃でスパイクサーブを推進するのも無理がありますから、急にジャンプフローターを止めろという訳にはいかないでしょうけど、特に女子の大型化が指摘される現代において、得点出来るサーブの幅は広げておいても損にはならないのではないでしょうか。


勿論、強いサーブを打つ場合は、サーブミスのリスクを許容した上で、という条件がつきますので、思い切ったサーブを打ったりするとネットに嫌われてしまうのも現実。例えば、昨季プレミアのポリーナ・ラヒモワ(注:1)ですが・・・サーブ効果率の23.9%はプレミアリーグ史上1位となる快記録を達成してサーブ賞を獲得しています。ポリーナはビッグサーブに属するスパイクサーブが多いですが、渾身の力で打つスピードのあるサーブはミスも多く、昨季の失点数もリーグ1位。

もっとも、変容しつつある世界のバレーシーンにおいて、「まずはサーブから」というのを考えると、少々ミスをしても得点アップに繋げられる存在が一人でも多く現れたほうが、今後の全日本女子にとっても明るい材料となるものでしょう。


さて、下記の表は、2015/16プレミアシーズンにおける、サーブ失点のベスト10です。

順位選手所属試合セット失点
1ポリーナ・ラヒモワトヨタ車体218573
2ケリー・マーフィー上尾218448
3新鍋理沙久光製薬218139
4古賀紗理那NEC218432
5木村沙織東レ218031
6井上奈々朱日立218126
6ローレン・パオリーニ日立218126
8長岡望悠久光製薬218325
9ミア・イエルコフデンソー18186624
10高田ありさ東レ217222


これを、外人抜き・現役オンリー・代表引退を公言している木村沙織選手、荒木絵里香選手、山口舞選手も抜きでランキングを作りなおすと・・・

・・・というか、山口選手は4(52位)と、ここでも「らしさ」を発揮しているので、取り沙汰云々はお気の毒、として・・・
順位選手所属試合セット失点
1新鍋理沙久光製薬218139
2古賀紗理那NEC218432
3井上奈々朱日立218126
4長岡望悠久光製薬218325
5島村春世NEC218420
6伊藤望東レ217519
6田代佳奈美東レ217519
6佐藤美弥日立217919
9平松美有紀トヨタ車体218518
10山口かなめNEC218417
10内瀬戸真実日立218117
10鍋谷友理枝デンソー218017


世界に通用するサーブミス(?)を「これでもか」とばかりに続けているのは、新鍋選手と古賀選手だけのようですね。ミスを正当化する気までは無いですが、思い切り攻めた結果なのですから、上記のランキングは一見して黒歴史に見えますけど、決して恥ずかしい成績ではありません。むしろ、上記ランキングの中から、恥を喜びに変えられる選手が、どれだけ出現するか?という事です。あるいは、ランキングに入っていない選手の中に、凄いサーブの持ち主がいるかもしれません。


少なくとも、観ているメディアが何であろうとバレーを観ている方々に言いたいのは、サーブミスがあったからといって「なにやってんだ」「下手くそ」とか喚くのは、バレーをロクに知らない素人の言う事ですよ、という事でございます。サーブミスしたからって即10点を取られるわけではないのです。取られるのは1点です。
注:1 【ポリーナ・ラヒモワ】 ポリ様は2016年7月のヨーロッパリーグで自国アゼルバイジャンを金メダルに導き、自身もMVPを獲得している。
PV
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
741位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
8位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。