--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-27(Sat)

【カザフスタン】 結局は客寄せパンダにすらならなかったカザフの妖精が人気再燃?

みなさん、こんばんわ。


日本外務省の発表に拠ると、平成28年度スポーツ外交推進事業として、8/27~9/5まで、ドミニカ共和国の女子バレーボールU23代表チームの選手11名及びコーチ等5名を日本に招聘するとの事です。一行は滞在期間中、日本バレーボール協会の協力を得て、味の素ナショナルトレーニングセンターでのトレーニングや全日本女子ユースチームとの練習試合を行う予定です。もしかしたら、ドミニカ代表で控えリベロである、ネットでも密かに評判のウィニフィル・フェルナンデスも21歳と、U-23の選手なので来日メンバーとしてラインナップされてるのでしょうか・・・


それはそれとして・・・今回、拙ブログ管理人は前以て言いたいのですが・・・イケメンな男性が嫌いな女性はおりませんし、また可愛い女性が嫌いな男性もおりません。万が一おられるとしたら、それはきっと、御心を病んでおられるものと判断して全く差し支えございません。もっとも・・・これがスポーツ選手という事になると、彼らは「アスリート」であって、「タレント」ではありません。バレーボールも同様です。中には、イタリアのピッチニーニやブラジルのシェイラのようにグラビアを飾るという例も、決して無くはないのですが・・・まあ、それは例外で、彼らアスリートはプレーを観て欲しいのであり、美貌はあくまでもオマケ、というのが言い分の筈です。そりゃそうでしょう、見られる事がある意味仕事のタレントだって、若いうちが一番の華なのですから・・・

つまり、「カワイイ」だけの理由で大々的にブログの記事にするという事は、拙ブログでは有り得ない、という事です。その点は、御了承を願います。


さて、話は変わりますが・・・2014年の話ですが・・・台北で開催されたアジアジュニア女子バレーボール選手権大会に、カザフスタン代表の補欠として、サビーナ・アルシンベコバ選手が出場しました。

問題は、プレーというより、股下120㎝、10頭身とも12頭身とも言われるルックス。出場以来、メディアで取り上げられ、インスタグラムのフォロワー数は大会前の300人程度から一気に20万以上に膨れ上がりました。台湾ばかりではなく、韓国・中国・東南アジアにまで広がり、日本でも注目されたほど。余りにものサビーナフィーバーに、カザフスタン代表監督は「このような状況では試合にならない。観客はまるで選手が1人しかいないように振る舞っている」と苦言を呈した・・・というか嫉妬を吐き散らしたようです(笑)。

というか・・・そんなに試合に出すのが御不満なら、サビーナは試合には出場させずに撮影会とかサイン会とか実施させれば良かったのでは・・・(苦笑)


CAF7Q3ZC.jpgもっとも、実力の程は全く分からず、謎の存在でしたが、 2015年1月にはバレー研修の為に来日(画像は月刊バレーボール2015/3月号より)。春校の中継番組などにも出演しました。その後、時を経てGSS東京サンビームスに一度は入団が決まったのですが、体調不良で帰国したのは、下記の記事にも記してある通りです。

スラッとしたプロポーションに可愛いお顔!

カザフスタン人のバレー選手、サビーナ・アルシンベコバさんが美しすぎる!

カザフスタンのバレー選手サビーナ・アルシンベコバ、カワイイとキレイが絶妙な割合で素敵!!艶やかな髪、色白な美肌、華奢な肩、長い首、なにより顔が小さい!パッチリ二重ってわけではないしむしろ目が左右非対称なんだけど、完成されてる……(中略)

すでに退団してしまったのだが、昨年には日本のバレーチーム「GSSサンビームズ」に入団し、一躍話題となった彼女。

これまでも「知る人ぞ知る」といった感じで一部バレーファンのあいだで熱い人気を集めていたのだが、ここにきてTwitterでも知名度が急上昇中し始めている。

サビーナさん本人は出場していないのだが、もしかすると先日までリオ五輪が開催されていた影響だろうか?(「
まぐまぐニュース」より)


CA4D37JT.jpg また、一部の日本人がサビーナネタを拡散しておるようです。

サビーナ効果でカザフスタンが世界最終予選出場に影響を与えた(?)などという下りは、妄想だけ逞しい、昔の瓦版に等しい代物ですが・・・それはさておき、この通りバレー雑誌「2015/16チームの顔」でもサビーナは曲がりなりにも「戦力」として紹介されており、背番号13まで用意して貰っていたんですが・・・

この頃になると、サビーナのプレーやプロフィールに関する新しい情報も、少しですが公開されています。

  • ウィングスパイカー
  • スパイク最高到達点は298㎝で、新鍋理沙選手と同レベル
  • カザフ語が主流であるカザフ人にしては英語が通訳抜きで出来る
  • 現在、アルファラビ・カザフ国立大生である
  • 右効き

GSSのシーズン前は、サビーナ人気を見込んでか、珍しくスーパーシートを前売りしていたそうですが・・・前述の通り病気で帰国の為、スーパーシート自体は企画倒れ状態となり、サビーナは翌年、契約満了で退団となっています。一体GSSは、何を目的に来日させたのでしょうか・・・


それは仕方ないとして・・・2014年以降もそうなんですが・・・たまにネットを観ると、サビーナのルックスがどうだとかばっかり。もうサビーナのルックスはイヤというほど分かったから、そろそろバレー選手としての実力について書いて頂けませんかね?それ故、「選手はプレーしてナンボ」というのを考えると、去年の病気帰国は、またもや実力が分からぬまま終わってしまっただけに惜しまれる(´。・ωq)(pω・。`)





スポンサーサイト
PV
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
610位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。