--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-30(Fri)

【NECレッドロケッツ】 入団したのはいいが柳田に足元を巣食われる可能性が高そう

みなさん、こんばんわ。


NECレッドロケッツの公式サイトでは未だ明らかになっておりませんが・・・その赤ロケに9月、ブルガリアのオポジットであるエミリヤ・ニコロバ選手が入団したそうです。近く、オフィシャルな形で発表があるものと思います。

エミリヤ選手は1991年12/26生まれのシュメン出身で、身長は185㎝、スパイク最高到達点は302㎝あります。背番号は3です。


2008年に代表初選出。2010年のヨーロッパリーグで代表デビュー。2012年から代表レギュラーに抜擢され、2013年のワールドグランプリでは初出場ながらも日本・ブラジルを破る原動力となりました(結局9位)。


過去の、エミリヤ選手の所属クラブは下記の通りです。

年度チーム国籍
2007~2009スラビア・ソフィアブルガリア
2009~2010レブスキ・シコンコ・ソフィアブルガリア
2010~20112004トミス・コンスタンツァルーマニア
2011~2012スペス・ボリー・コネグリアーノイタリア
2012イェシルユートトルコ
2012~2015イモコ・ボレーイタリア
2015~2016パラボロ・スカンヂッシイタリア


・・・と、主にセリエAのほうでプレーしていたようです。


問題は、開幕が迫りつつあるシーズン前においての入団であるが故に、レギュラーが確約されているとは断言し難い点でございます。

勿論、どのポジションであろうと、レギュラーが既に確約されている、という保障は御座いませんが・・・エミリヤ選手の場合はオポジット、つまり右の打ち屋ですが、先述しましたがスパイク最高到達点が302㎝と、打ち屋にしてはサイズが小さい感があります。

通常のVリーグでは、ベストメンバーをスターティングに連ねるのが方針なのですが・・・エミリヤ選手の仕上がり次第では、同じ打ち屋の柳田光綺選手にポジションを奪われる可能性があり(柳田選手のスパイク最高到達点は300cm)、下手をすると2013~14シーズンに所属したハナ・クトゥラ(注:1)以上の打てない打ち屋誕生、という事態に発展しかねません。


赤ロケも、フロントのスケジュールに忙殺されたのかどうかは知りませんが・・・外人のスカウティングに限って言えば、失敗してしまった感がありそうですね。


注:1 【ハナ・クトゥラ】 2013~14シーズンに在籍したクロアチアの打ち屋。しかし、打ち屋としてはあまりブレークせず、欠場したMB(島村春世選手)の代わりとして、そこそこブレークを果たした。現在はフランスのバレー・ボール・ナンテに所属している。






記事を読まれたら、下のバナーにブログ応援クリックお願いしますm(_ _)m
お金は一切かかりません。

 
スポンサーサイト
2016-09-17(Sat)

【NECレッドロケッツ】 誰が入団しようと今季も攻守の要は近江あかり

みなさん、こんばんわ。


カーリー・ウォーパット選手の東レアローズ入団確定によって、新外国人入団が確定していないのはNECレッドロケッツのみ、となりました。

まあ、戦力的には、どのポジションとて外人が割って入る余地が残っていない、と言っても過言ではない状況ではありますが・・・長くタイトなリーグ戦では如何なるトラブルが待ち受けているか、分かりませんから、戦力確保を預かるフロントから言えば、「保険」としての外人も一応、チェックしておく必要はございます。もっとも、今季に限って言えば、純国産の赤ロケ、見たくない事もありませんが・・・果たして、今季はどうなるでしょうか。


一つだけ言えるのは、余程の事でもない限り、今季の赤ロケも、攻守の要と成り得るのは、一人しかいない、という事です。


CAB4ZZ4Q.jpg 

この人しかいないでしょう・・・近江あかり選手です。

スパイク最高到達点こそ292㎝と、並に近いレベルですが、コースやタイミングの変化を駆使して、相手に「何かある」と思わせるプレーヤーは、そうそういません。


京都橘高では、元来はセンターの控えだったのが、怪我でレフトのポジションを獲得、2007年3月の春校バレーベスト4に貢献。卒業後、当初は「バレーはもういい」と専門学校に行こうと思っていた・・・はずが、周囲の勧めもあって東海大に。悪く言えば「甘えっ子」の気質が改善されたのも、この頃で、2009年に大学三冠、2010年にインカレ優勝も経験。

2011年12月に赤ロケに内定入団、攻守に渡る活躍で当時8位だった赤ロケの救世主となりました。その後は黒鷲旗の若鷲賞、2014/15ファイナルの(一世一代の)MVPに輝いたのは記憶に新しいところ。


怪我さえ無ければ、ゲーム勘も優れているだけに、今季は勿論、まだまだ今後の活躍も期待できそうです。




記事を読まれたら、下のバナーにブログ応援クリックお願いしますm(_ _)m お金は一切かかりません。

 
2016-09-13(Tue)

【NECレッドロケッツ】 気の強さが売りの女の子も何時の間にか立派な大人になった鳥越未玖

みなさん、こんばんわ。


アジアクラブ選手権大会が無事終了し、NECレッドロケッツが見事に優勝を成し遂げ、来年の世界クラブ選手権出場権を獲得しました。というか、赤ロケも来年からは厳しいシーズンを迎える破目となったわけです。大丈夫なんでしょうかね・・・

なお、最優秀選手として古賀紗理那選手が選ばれました。リオでの屈辱をフィリピンで晴らした、というわけですね。

と同時に、今回の優勝によって赤ロケは、新外国人を獲得していいものか否かが問われてくるわけです。まあ、優勝したのだから要らないだろう、という声も挙がってくるでしょうけど・・・ただ、長いシーズンの中では何が起こるか分かりませんから、結果的に取っておいても宜しいだろう、という声も挙がってくるわけです。この点については、何とも言いようがありません。


まあ、それはそれとして・・・今回も、拙ブログ管理人の推しメンを紹介しちゃいます。



 CA2FJRHK.jpg  今回は、赤ロケの鳥越未玖選手です。 


1992/10/16生まれの、鹿児島県肝属郡肝付町出身です。小学2年次よりバレーボールを始め、鹿児島女子高在学中は低身長ながらレフトスパイカーとして、2010年インターハイで準優勝、2011年春高バレーでベスト4などに大きく貢献しました。

2011年1月に赤ロケの内定選手に。2011/12シーズンは、主にリリーフサーバー・守備固めとしての出場に留まったものの、2012/13シーズン途中からレギュラーリベロとして出場し(注:1)、チームは昨シーズンの最下位からレギュラーラウンド1位躍進に貢献しました(最終的に4位だったが)。


少しムッチリしているからか、サーブレシーブの受け数は300以上と多く(通常、リベロのサーブレシーブは平均すると200後半)、シーズンによってはレシーバーに廻される場合もありますが、強気な姿勢を武器に、チームにとっては欠かせないワンピースの一角となっています。


赤ロケには、岩崎紗也加選手という、これまた強力な(職人風)リベロがおり、競争は大変だと思いますが・・・今季も、その闘争心でチームを引っ張って貰いたいものです。
注:1 当初、赤ロケのリベロは滝口奈美を起用していたが、サーブレシーブ成績がイマイチだったので鳥越選手を起用したら大当たりとなった。
2016-09-11(Sun)

【NECレッドロケッツ】 島村こそ欠いたもののアジア選手権は見事優勝

みなさん、こんにちわ。


先ほど知った情報なので、拙ブログ管理人は驚いておるのですが・・・9/3~9/11までフィリピン・ビニャンにて開催される「2016アジアクラブ選手権大会」に、NECレッドロケッツの出場が決まりました。

おそらく、本来は久光製薬スプリングスを出場候補としておったんでしょうけど、久光製薬は御存知の通り世界クラブ選手権への調整に余念が無く出場は辞退だったので、昨季ファイナル優勝だったNECに白羽の矢が立った、といったところではないか、と邪推しますが・・・話が急でした。もし1週間前に分かってたなら、すぐにアンケートスクリプト作るのにな・・・


それはそれとして、出場する赤ロケの選手14名は、下記の通りです。


背番号選手ポジション
2古賀紗理那WS
4山口かなめS
5大野果奈MB
6近江あかりWS
8鳥越未玖L
9正里菜S
10岩崎紗也加L
11上野香織MB
12小山綾菜WS
13家高七央子MB
14佐川奈美MB
15柳田光綺WS
17篠原沙耶香S
18廣瀬七海WS


誰か不在のような気がするな・・・と思ったら、リオ五輪の疲労による影響か、島村春世選手はエントリーされてないですね。

この点を鑑みると、MBの一角は大野選手で間違いないとして、もう一角は、B代表でなら実績がある家高選手が中心ではないか・・・と思っていたら、佐川選手がスタメンでした。レフティの佐川選手をMBで起用とはビックリでした。

リベロは、キャプテンの岩崎選手が出場しておりました。

ちなみに、北海道人である拙管理人としましては、廣瀬選手がどれだけ活躍するかにも注目したいですね。おそらく、柳田選手の控えでしょうけど・・・
リーグ戦は他に、開催国フィリピン、ホンコン、ベトナム、北朝鮮、イラン、タイ、インドネシア、カザフスタン、チャイニーズタイペイ、マレーシア、中国の各クラブチームが出場します。

まず赤ロケはC組にエントリーされ、1次リーグ戦にて9/4にインドネシアのジャカルタ・エレクトリックPLN 、9/5にカザフスタンのアルタイVC 、9/6に順位決定予備戦としてフィリピンのフォトン・フィリピーナズ、9/7にベトナムのソンシンLVPバンク、休息日後の9/9にタイペイのタイワン・グランド、9/10にタイのバンコク・グラス、9/11にファイナルにて中国のバイ・シェンジェングと対決しました。結果は下記の通りです。

日程対戦チームリーグ方式セット勝敗
09/04ジャカルタ・エレクトリックPLN (インドネシア)1次25-16、25-15、25-17
09/05アルタイVC (カザフスタン)1次25-16、25-17、25-19
09/06フォトン・フィリピーナズ(フィリピン)順位決定予備戦25-13、25-7、25-15
09/07ソンシンLVPバンク(ベトナム)順位決定予備戦25-15、25-19、25-13
09/09タイワン・グランド(チャイニーズタイペイ)クォーターファイナルラウンド25-6、25-23、25-13
09/10バンコク・グラス(タイ)セミファイナルラウンド22-25、25-19、21-25、25-20、15-7
09/11バイ・シェンジェング(中国)ファイナルラウンド25-23、25-19、25-21


初めてタイ戦にてセットを取られてしまい、中国戦はどうなる事やら・・・と思いましたが、特にファイナルの日の赤ロケは、かなりの部分、違ったものがあったように思えます。赤ロケ優勝おめでとうございます!





2016-08-21(Sun)

【NECレッドロケッツ】 2014/15ファイナルの再現といきたいところだが

みなさん、こんばんわ。


リオデジャネイロオリンピックの、バレーボール女子の決勝は、中国が19―25、25―17、25―22、25―23と3―1でセルビアに逆転勝ちし、2004年アテネ大会以来3大会ぶり3度目の金メダルを獲得しました。中国は、エースのシュティが強力なスパイクで25得点を挙げました。守備でもブロックとレシーブの関係が良く、セルビアを効果的に封じました。セルビアは主砲ミハイロビッチの調子が上がらず、攻めがボシュコビッチ頼みになりました。3位決定戦は米国が25-23、25-27、25-22、25-19と3―1でオランダを下して銅メダルを獲得しました。ちなみに米国女子は、ビーチバレーでも銅メダルだったとか・・・
話は変わって・・・昨季、NECレッドロケッツは結局、4位でリーグ戦を終了しました。2014/15ファイナルの、大番狂わせの優勝が夢のようです。

その後の黒鷲旗でもJTマーヴェラスに敗退して準優勝。もっとも、内容は決して悪いものではないと思います。少なくとも、2セット先取したのですからね。


そんなNECが、昨季シーズン後の6/1、公式サイトにて、入退団の発表を行いました。

まず退団したのは、白垣里紗選手、松崎美歌選手、イエリズ・バシャ選手、アルマーン・チェヴィクバシュ通訳の4人。並びに、先日引退を発表した金子隆行氏がコーチとして就任。NECブルーロケッツ出身で、同チーム廃部後はサントリーにてプレーしていました。また、6/13に、元JAぎふリオレーナのセッター正里菜選手が入団しました。NECには既に、山口かなめ選手という正セッターがいるので、おそらくは山口選手のバックアップメンバーとして入団させたのでしょう。レシーブもこなせるところは、かつて所属していた秋山美幸さんを彷彿とさせます。ちなみに予断ですが、正選手はJA時代、経理課に所属していました。

白垣選手はギシシャクしたフォームから放たれる打点の高いスパイクが売り物で、2014年には全日本女子に選出された事もありました。今にして考えると、ある意味NECの名物かも、と思わせるフォームの選手でした。


イエリズは強力なスパイクとブロックが売りの選手で、2012/13年チーム優勝争いの立役者でした。一昨年ファイナル6前に指を骨折、ブランクが心配されましたが、翌年もシレッと契約更新しています。

そのイエリズと、今季は契約更新しなかった、となると・・・もうイエリズも29歳で、ピークは流石に過ぎたかな?という感があり、結婚も既にしてますから、生活面でも無理に金稼ぎをする必要はなかったかもしれません。

ただ・・・現在のところ、イエリズに代わる外人補強の話は、ありません。

NECの過去の歴史を鑑みると、外人補強は右の打ち屋が伝統ですから、定石で考えれば今回も新しい外人で・・・?と思えてくるかもしれないでしょうけど・・・若手底上げ、という手も残っております。NECには、2014/15プレミア新人賞の柳田光綺選手、レフティの佐川奈美選手に加え、旭川実業卒業の内定選手である廣瀬七海選手と、能力のありそうな打ち屋が三人も控えています。ここに、昨季プレミア新人賞の古賀紗理那選手も加わってくるのです。チビッコの近江あかり選手を除けば、純国産で久光製薬スプリングスに対抗出来るのではないか?と思えてくる豪華布陣です。

特に廣瀬選手は、今年の夏にサマーリーグがあり、同大会にてフレッシュスター賞を獲得しています。スパイク最高到達点310センチで、これは久光製薬スプリングスの長岡望悠選手に匹敵する数字です。古賀選手もチト叶わない数字。同じ北海道出身というのもあって、これは大事に育てて欲しいものですね。ちなみに廣瀬選手は旭川実業卒業で、控えセッターの奥山優奈選手は2年先輩OGにあたります。


まあ別に、外人がいなくても、短期決戦レベルなら列強を崩せるだけのスターティングオーダーは組めなくもありません。ただ、これはあくまでも理想論であり、怪我という要素なども有り得ますから、必ずしもベストオーダーを、というわけにはいかないかもしれないのが現状。2014年世界選手権のメンバーとして抜擢された大野果歩選手が2014/15シーズンに喘息治療薬のドーピング違反(ホクナリン)で2ヶ月間戦列を離れたり、同年にVプレミアリーグ新人賞だった柳田光綺選手が2015/16序盤に手首の怪我で戦力として加われなかった、というのが、極端な例として挙げられます。今季は無事にシーズンを乗り越えられる、という保障は、何処にもありません。

それを考えると、昨季のイエリズとの契約更新は、結果的にではありましたが、柳田選手の穴を埋められた、という意味で正解だったわけです。それにしても、トルコの代表選手を務めた事があるイエリズが、2014/15プレミア新人賞の控えだったというのは・・・

・・・ともかく、長くタイトなリーグ戦である事を考えると、特に現在のところ絶対的なエースがいないNECにとって、外人の存在は、保険という意味でも大きいものです。

そんなわけで、一応外人はいないものと設定して、今季の予想オーダーを考えてみました。まあ、外人が入団したら、再度考えてみますけど・・・


★ 今季のNEC予想オーダー(昨季のベストオーダーも兼ねる格好になっています)

古賀山口島村L: 鳥越/岩崎
大野柳田近江



リベロの岩崎紗也加選手は、昨季はレシーバーでしたが、今季はキャプテンというのもあり(ゲームキャプテンは島村春世選手)、チームに指示出来るメリットを考えると正リベロ復帰で鳥越未玖選手がレシーバーというラインが予想されます。逆のパターンもあるかもしれませんが。とにかく、一度だけでも純国産のNEC、一回でも見たい感が無いでもないですが・・・



PV
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
管理人について

えるどらど

Author:えるどらど
北海道の札幌在住です。昔の洋楽が好きです。野球は日本ハムファイターズを応援しております。バレーは、久光製薬スプリングスの新鍋理沙選手を中心に、攻守の要となる選手を主に応援しております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
サイト&ブログ
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バレーボール
15位
アクセスランキングを見る>>
FC2加入はこちらから

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アンケート




注目タグ一覧

全日本女子 木村沙織 久光製薬スプリングス 新鍋理沙 宮下遥 長岡望悠 中田久美 眞鍋政義 古賀紗理那 荒木絵里香 山口舞 座安琴希 島村春世 中大路絢野 日立リヴァーレ NECレッドロケッツ 江畑幸子 佐藤あり紗 石井優希 岡山シーガルズ 伊藤望 東レアローズ 佐藤澪 吉原知子 JTマーヴェラス トヨタ車体クインシーズ 佐藤美弥 大竹里歩 迫田さおり ポリーナ・ラヒモワ キム・ヨンギョン 近江あかり 韓国 筒井さやか 丸山亜季 柳田光綺 鍋谷友理枝 上尾メディックス 岩坂名奈 小口樹葉 石橋里紗 デンソーエアリービーズ 狩野舞子 石田瑞穂 古藤千鶴 岩崎紗也加 井上琴絵 三橋聡恵 内瀬戸真実 多治見麻子 竹下佳江 奥村麻依 PFUブルーキャッツ 石井里沙 田原愛里 冨永こよみ 竹田沙希 井上愛里沙 黒後愛 大野果奈 小田桃香 河本昭義 田代佳奈美 中国 廣瀬七海 木村美里 戸江真奈 鳥越未玖 郎平 ロシル・カルデロン ミア・イエルコフ ブランキツア・ミハイロビッチ イエリズ・バシャ 水田祐未 田中瑞稀 井上奈々朱 佐藤円 石井美樹 山口かなめ ローレン・パオリーニ 平井香菜子 白井美沙紀 佐川奈美 坂本奈々香 宮部藍梨 峯村沙紀 土田望未 細川絢加 オヌマー・シッテラック 森谷史佳 栄絵里香 尾崎候 辻健志 GSS東京サンビームス サビーナ・アルシンベコバ 荒木夕貴 クリスティアネ・フュルスト マヤ・トカルスカ カザフスタン 東海大 持丸結美子 カーリー・ウォーパット プレステージ・インターナショナル・アランマーレ 小幡真子 エミリヤ・ニコロバ キンバリー・ヒル 米国 和田麻里江 橋本涼加 カースティ・ジャクソン 南早希 吉田敏明 松田明彦 平松美有紀 福田康弘 菅野幸一郎 芥川愛加 山田晃豊 河合由貴 ドミニカ共和国 ウィニフェル・フェルナンデス テトリ・ディクソン 高田ありさ シュ・テイ 今村優香 ケリー・マーフィー 吉村志穂 居村杏奈 泉夏子 白垣里紗 川島亜依美 川畑愛希 ヴィクトリーナ姫路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。